暮らしに役立つ雑学をこまめに発信!

CoMaMe

未分類

【かぐや姫の嘆き】意味や読み方を解説!反語や敬語の方向(敬意の対象)について

更新日:

かぐや姫の嘆き

  • 「かぐや姫の嘆きって、誰が何をしているのかよく分からない…」
  • 「敬語の方向(敬意の対象)ってどうなっているの?」

竹取物語の「かぐや姫の嘆き」は、特に理解がむずかしいところですよね。

ポイントはそれぞれの尊敬語、謙譲語が誰のものなのか?をしっかり理解しておくことです。

具体的には、次のように考えておけばそこまでむずかしくは感じないはずですよ。

「かぐや姫の嘆き」を理解するコツ:以下の2点を押さえよう!


  • 尊敬語=かぐや姫の動作
  • 謙譲語=かぐや姫と翁のセリフ

この記事では、かぐや姫の嘆きの意味や読み方について簡単に分かりやすく解説します。

古典で竹取物語を勉強中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

「かぐや姫の嘆き」の本文

まずは「かぐや姫の嘆き」の本文を確認しておきjましょう。

※本来、原文に「」はありませんが、ここではセリフの部分を分かりやすくするためにつけています。

八月十五日ばかりの月に出てゐて、かぐや姫いといたく泣きたまふ。人目も今はつつみ給わず泣きたまふ。

これを見て、親どもも「何事ぞ。」と問ひさわぐ。

かぐや姫泣く泣く言ふ、「さきざきも申さむと思ひしかども、必ず心惑ひしたまはむものぞと思いひて、今まで過ごし侍りつるなり。さのみやはとて、うち出で侍りぬるぞ。おのが身はこの国の人にもあらず。月の都の人なり。それを、昔の契りありけるによりなむ、この世界にはまうで来たりける。今は帰るべきになりにければ、この月の十五日に、かのもとの国より、迎えに人々まうで来むず。さらずまかりぬべければ、おぼし嘆かむが悲しきことを、この春より思ひ嘆き侍るなり。」

と言いて、いみじく泣くを、翁、「こは、なでふことのたまふぞ。竹の中より見つけ聞こえたりしかど、菜種の大きさおはせしを、我が丈立ち並ぶまで養ひたてまつりたる我が子を、何人か迎え聞こえむ。まさに許さむや。」と言ひて、「我こそ死なめ。」とて、泣きののしること、いと堪へがたげなり。

かぐや姫のいはく、「月の都の人にて、父母あり。片時の間とて、かの国よりまうで来しかども、かくこの国にはあまたの年を経るになむありける。かの国の父母のこともおぼえず、ここには、かく久しく遊び聞こえて、ならひ奉れり。いみじからむ心地もせず。悲しくのみある。されど、おのが心ならずまかりなむとする。」と言ひて、もろともにみじう泣く。

使はるる人々も、年ごろならひて、たち別れなむことを、心ばへなどあてやかにうつくしかりつることを見ならひて、恋しからみことの堪へがたく、湯水飲まれず、同じ心に嘆かしがりけり。

Sponsored Links

「かくや姫の嘆き」あらすじ(現代語訳)

「かぐや姫の嘆き」は、かぐや姫が老夫婦に「自分は月へ帰らなければならない」と告白する場面です。

細かい文法を説明する前に、現代語訳で内容を見てみましょう。

敬語の部分に注目してみて下さい。

「かぐや姫の嘆き」現代語訳


八月十五日頃。月の見える場所に出て座っては、かぐや姫はたいそうお泣きになりました。

人目もはばからず泣いておいでです。

これを見て(かぐや姫の)親たちも

「どうしたのだ。」

と問いかけて動揺します。

(すると)かぐや姫が泣きながら言うことには

「以前より申し上げようとして思っておりましたが、あなた方は必ずお困りになるだろうと思い、今まで(言わずに)過ごしてまいりました。

しかし、いつまでも言い出せずにいられましょうか(いえ、いられません)。

私はこの国(日本)の人間ではありません。

月の都の人間なのです。

前世の約束によって、この国に参りました。

もう(月に)帰らねばならない時なので、この月の十五日、故郷より私の迎えの人々がやって来るでしょう。

避けられないことですから、(おじいさんとおばあさんが)悲しむだろうと思って、春から嘆き悲しみ申し上げているのです。」

そう言い、たいそう泣いているので、(竹取の)翁は、

「これは、なんてことを仰るのだ。(私はあなたを)竹の中から見つけ申し上げ、菜種ほどの大きさから、自分の背丈ほどに育て申し上げた我が子であるあなたを、誰がお迎え申し上げられましょうか。

(そのようなことを私たちが)許せましょうか。」

と言い、

「私は死のう。」

と泣く姿はとても耐えられない様子です。

かぐや姫は、

「月の都の人で、(私の)父と母がいます。

ほんのわずかな期間として、この国に参りましたが、ここで長い年月を過ごしてしまいました。

(私は)あの国の両親のことを思い出すこともなく、長いことこちらに慣れ親しんでおります。

(帰らねばならないことは)嬉しくありません。

悲しいだけです。

しかし、この気持ちに反して帰らねばならないのです。」

と言って、一緒にひどく泣きます。

かぐや姫のお世話をしている人々も長年一緒にいたので、かぐや姫の美しく可愛らしい姿を見慣れていました。

そのため(これからかぐや姫が帰った後)恋しく感じることは耐え難かったので、湯水を飲むこともできず(翁と)同じ気持ちで嘆きました。

Sponsored Links

「かぐや姫の嘆き」の敬語

「かぐや姫の嘆き」は敬語が入り組んでいてすこし分かりづらい点があります。

しかし敬語の方向はあらかじめルールが決まっています。

このルールを理解して上で読んでいけば、主語がなくても誰のことを言っているのかが分かりますよ。

↓具体的には以下の3点を理解してから読むようにしてみてください。

「かぐや姫の嘆き」はこの3つのルールを理解してから読もう!


  • ①相手から見たかぐや姫の動作は尊敬語
  • ②謙譲語は複数人の動作を表している
  • ③登場人物と上下関係を整理しよう

それぞれの内容について、くわしく解説いたします。

Sponsored Links

①相手から見たかぐや姫の動作は尊敬語

翁や一部の地の文(セリフ以外の文章)が指すかぐや姫の動作は、尊敬語が使われています。

たとえば、原文の「かぐや姫いといたく泣きたまふ」は「かぐや姫はひどく泣いておいでです」という意味です。

この「たまふ」というのが尊敬語にあたります。

翁のセリフにある「なでふことのたまふぞ」の「のたまふ」は、「言う」の尊敬語です。

基本的な敬語の方向として、文中の尊敬語はかぐや姫の動作を指しています。

ただし、かぐや姫が「心惑ひしたまはむ」という尊敬語が混じったセリフがあります。

これは例外的に翁とおばあさんのことを指しているので注意しましょう。

Sponsored Links

②謙譲語は複数人の動作を表している

謙譲語は、かぐや姫と翁のセリフにあります。

これはどちらも、セリフを言っている本人の動作を指しています。

謙虚さを大事にする日本語は、天皇でない限り自分の行動は謙譲語で言い表すものです。

たとえばかぐや姫のセリフ「さきざきも申さむと思ひしかども」の「申す」は、「言う」の謙譲語になります。

「申す」のはかぐや姫自身ですよね。

もう一つ、かぐや姫のセリフで「まうで来たりける」とありますが、この「まうで来」も「来る」の謙譲語です。

文中にもありますが、やってくるのは月の都の人々になります。

かぐや姫と翁のセリフにある謙譲語は、基本的に自分の動作です。

時折月の都の人々を指していることのあるので、注意しましょう。

Sponsored Links

③登場人物と上下関係を整理しよう

「かぐや姫の嘆き」に登場する人物は、かぐや姫と翁、最後に出てくる召使いの人々です。

謙譲語の対象としては、月の都の人々もいます。

地の文でもセリフでも敬語が使われているのは、かぐや姫だけです。

つまりこの場面で一番上の位置にいるのは、かぐや姫ということになります。

かぐや姫のセリフ以外に登場する尊敬語の対象は、かぐや姫を指していると考えると分かりやすいでしょう。

Sponsored Links

「かぐや姫の嘆き」に関する問題と解答

敬語の解説をしたので、軽く力試しをしてみましょう。

敬語の方向と対象の他、おまけに反語に関する問題なども出題される可能性があります。

↓以下のような問題が出題されたと仮定して、解答と解説を紹介します。

「かぐや姫の嘆き」問題例


  • 問題①「必ず心惑ひしたまはむ」の対象を答えなさい。
  • 問題②「何人か迎え聞こえむ」に含まれた謙譲語を抜き出して終止形にし、続いて対象を答えなさい。
  • 問題③「かく久しく遊び聞こえて、ならひ奉れり」の動作の対象を答えなさい。
  • 問題④「まさに許さむや。」を現代語訳せよ。反語がある場合は()に入れて記すこと。
  • 問⑤「たち別れなむことを」にかかる1文節を答えなさい。

以下、各問題の解答解説を順番に見ていきましょう。

Sponsored Links

問題①の解答:「必ず心惑ひしたまはむ」の対象を答えなさい

答えは「翁(とその妻)」または「親ども」です。

これはかぐや姫のセリフになります。

「たまふ」という尊敬語がありますが、かぐや姫が尊敬語を使うのは、育ての親である翁とその妻のおばあさんのみです。

問題②の解答:「何人か迎え聞こえむ」に含まれた謙譲語を抜き出して終止形にし、続いて対象を答えなさい

答えは「聞こゆ」、対象は「月の都の人々」です。

これは翁のセリフで「聞こゆ」も謙譲語ですが、迎えに来るのは月の都の人々です。

解説した通り謙譲語の対象が自分だけでなく、月の都の人々を指していることもあるため注意しましょう。

Sponsored Links

問題③の解答:「かく久しく遊び聞こえて、ならひ奉れり」の動作の対象を答えなさい

答えは「かぐや姫」です。

かぐや姫のセリフであり、自分自身の動作を述べています。

訳すれば分かることでもありますが、「奉れり」が謙譲語の補助動詞であることからも答えを導き出せます。

問題④の解答:「まさに許さむや。」を現代語訳せよ。反語がある場合は()に入れて記すこと

答えは「どうして許しましょうか(いや、許さない)」です。

現代語訳では不自然になるので「いや、許さない」の部分は表記しませんでしたが、この翁のセリフは反語が含まれています。

それが「まさに~むや」で、「どうして~だろうか。いや、~ない」という意味になります。

他にも「まさに~じや」でも反語の意味になります。

問題⑤の解答:「たち別れなむことを」にかかる1文節を答えなさい

答えは「嘆かしがりけり」です。

この文は「召使いの人々も嘆いていた」という内容の文章です。

つまり、「たち別れなむことを」と直接つながっている1文節が、「嘆かしがりけり」となります。

間に「心ばへなどあてやかに…」と長い理由が挟んでいるので少し分かりにくいかもしれません。

文節とは、簡単に言うと「これだけでも最低限の意味が通じる短い文」のことです。

「嘆かしがりけり」は「嘆いていた」だけですが、文章として成り立っていますね。

Sponsored Links

まとめ

今回は、「かぐや姫の嘆き」の読み方について解説しました。

古文は文法が現代文と大きく違いますが、実はきちんとルールに沿った書き方をしています。

ルールを理解しておけば意味を理解するのは難しくないので、まずは古文のルールを理解することから始めてみましょう。

Sponsored Links

-未分類

Copyright© CoMaMe , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.