社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

言葉の意味

だるまさんがころんだの由来は?ローカルルールや派生遊びも紹介

Sponsored Links

※このページは 3 分で読めます。

だるまさんがころんだ

(だるまさんがころんだ遊びの由来とは?)

だるまさんがころんだ」という遊びは、全国各地でみられる伝承遊びの一つですね。

このだるまさんがころんだにはどんな由来があるかご存知でしょうか?

だるまさんが転んだというときに「だるまさん」とは、実はインドのお坊さん「達磨太子(だるまたいし)」に由来があるのです。

達磨太子とはどんな人だったのか?なぜ、その達磨太子が「転んだ」でゲームになるのか?

以下でくわしく解説していきます。

だるまさんがころんだの由来?達磨太子のエピソード

だるまさんがころんだ

(だるまさんがころんだの由来は禅宗の開祖である「達磨太子」と考えられます)

達磨太子は仏教の宗派の一つである「禅宗」の開祖です。

達磨太子は、9年もの間、壁に向かって座禅を組み続けてついに悟りに達します。

しかし、9年間ものあいだ座禅を組み続けたので、腕や足が腐ってしまいました。

↓その時の姿が、今でもよく見かける手足のない「だるま」の姿だと言われています。

だるまさんがころんだ

なぜ、だるまさんがころんだなのか

「だるまさんがころんだ」では、鬼となる子が木や壁に向かって目隠しして、「だるまさんがころんだ」と叫びますよね。

これは、9年も壁に向かって座禅を組み続けた達磨太子に見立てています。

堅い意志で座禅を組み続けている達磨太子は、誤って転びでもしない限り、後ろを振り向くことはない…という想像から「だるまさんがころんだ」という遊びが発生したというわけですね。

ただし、別の説もある

ただし、上記は由来として確実なものではありません。

ただ単に数字を1~10まで数えるときにゴロあわせが良いので「だるまさんがころんだ」という言葉を当てただけという説もあります。

また、アニメに影響された小学生が「だるまさんがころんだ」という言葉を言い始めたという説もありますね。

そもそも「だるまさんがころんだ」という遊びが登場したのは、ごく最近のことです。

様々な文献をさかのぼっても、明治時代の文献にも「だるまさんがころんだ」という遊びの記述はないのです。つまり、この遊びは古くても大正時代〜昭和初期に生まれた遊びにすぎないということですね。

もっとも、「だるまさん」という呼び方は上で説明した達磨太子を指すのは明らかですから、そこまでさかのぼるならかなり古い遊びとも言えそうです。

「だるまさんがころんだ」王道ルール

だるまさんがころんだ遊びには、地方によってさまざまなローカルルール(地方独自のルール)があります。

↓ローカルルールについて紹介する前に、まずはだるまさんがころんだの王道ルールを確認しておきましょう。

だるまさんが転んだの王道ルール

次のページへ >




Sponsored Links

-言葉の意味

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.