社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe

未分類

やるせないの意味とは?切ない・虚しいとの違いは?例文で解説!

やるせない 意味

(「やるせない」という言葉の意味とは?)

やるせないとは、「悲しい思いを晴らすことができず、どうすることもできない」という感情を表現する言葉です。

悲しいことがあったときや、腹の立つことがあったときには、モヤモヤとして「負の感情」を持ってしまいますよね。

その負の感情を、誰にもぶつけることができずさらにモヤモヤしてしまう…というのが「やるせない」気持ちです。

↓まとめると以下のようになります。

「やるせない」の意味

  • 「悲しい思いを晴らすことができず、どうすることもできない気持ち」のこと
  • 思いを晴らせないことによって、さらにその悲しい思いが強くなってしまう状況で生まれてくる感情

やるせないという言葉の意味を理解したところ、もう一歩進んだ疑問について考えてみましょう。

↓例えば、以下のようなことに疑問を持たれた方も多いのではないでしょうか。

もう一歩進んだ疑問

  • 「やるせない気持ち」とは日常生活のどんなときに感じる気持ちか
  • 「やるせない気持ち」を英語で表現するとどうなる?
  • やるせないと「切ない」「虚しい」の違いは?

以下では、「やるせない」という言葉に関するさまざまな疑問について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

「やるせない気持ち」とはどんなときに感じる気持ちか

やるせない 意味

(「やるせ無い気持ち」とはどんな時に感じる気持ち?)

上でもみたように、「やるせない」という感情は、切ない・悲しいなどの感情を、自分が思うように発散することができない状況で生まれる感情です。

そのため、自分の力ではどうにもできない物事に直面したような場面で使用されることが多いでしょう。

例えば、「大切な人が病気で死んでしまった」という状況は、自分の力ではどうすることもできない出来事です。

大切な人が死んでしまうと大変な悲しみを感じますが、それを誰かにぶつけてみても、その大切な人は帰ってきません。

また、スポーツなどの競技で、自分よりも圧倒的に実力が上の人に打ち負かされてしまった時に、そのくやしさを晴らすためには相手をさらに上回る実力を持つほかありません。

しかし、実力というのはそう簡単につくものではありませんから、必然的にがまんしながら練習を重ねる期間というのが必要になるでしょう。

このような期間に感じる気持ちのことを「やるせない気持ち」と表現することができます。

Sponsored Links

「やるせない気持ち」を英語で表現するとどうなる?

やるせない 意味

(やるせないを英語でいうと?)

「やるせない気持ち」という気持ちは、英語では「downhearted」という単語を使って表現することができます。

downheartedには「落胆している」「暗い」「哀しい」といった意味があります。

例えば、「私は大切なものを無くしてやるせない気持ちだ」を英語で表現すると、以下のようになります。

  • 私は大切なものを無くしてやるせない気持ちだ
  • I am downhearted by losing treasure.

Sponsored Links

やるせないの類語表現

やるせないという言葉を、他のよく似た類語で表現してみましょう。

↓以下では、やるせないという言葉の類語として、次のような言葉を取り上げます。

「やるせない」の類語表現

  1. 切ない
  2. 虚しい(むなしい)
  3. やりきれない
  4. モヤモヤする
  5. やり場がない

類語表現との共通点や、相違点を知ることによって、やるせないという言葉の意味をより直感的に理解できるようになります。

Sponsored Links

切ない

「切ない」は、悲しみや寂しい気持ちで胸がいっぱいになり、締め付けられるような気持ちを表現します。

「やるせない」と比較すると、「切ない」はよりストレートに感情を表現したいときに用いられる言葉と言えるでしょう。

また、「やるせない」という言葉は、「悲しい感情が生まれ、その感情のやり場がないために、さらに拡大してしまっている」という状況を表現する言葉でもあります。

切ないという言葉にはこうしたニュアンスは含まれません。

そのため、「1つの感情がいつまでも自分の中にただよっていて、抜け出すことができない」という状況を伝えたい時には、「切ない」よりも「やるせない」を使う方が適切といえるでしょう。

虚しい(むなしい)

「虚しい(むなしい)」という言葉は、もともとは「中身が無い」という意味があります。

つまり、「虚しい」とは、「元々は満たされていたものが、抜け落ちてなくなってしまった=喪失感を感じている」ということを意味します。

「やるせない」も、喪失感を感じているときに使うことができる言葉ですが、そこからさらに進んで「その気持ちをどこにぶつけて良いかわからない」「どこにも持っていけない」というニュアンスを伝えることが可能です。

簡単に言えば、「やるせない」は悲しい感情に対して何とか解決策を見つけようとしているが、自分ではそれを見出せない状況を含むのに対して、「虚しい」には解決策を探さそうとしていない状況を表しているということが言えます。

Sponsored Links

やりきれない

「やり切れない」とは、「最後まで耐える事ができない」「気持ちを消化することができずにつらい」という意味がある言葉です。

気持ちをうまくコントロールできないという点や、我慢することができない程につらいという点で、「やるせない」と非常によく似ています。

そのため、「やるせない」と「やりきれない」はほとんど同じ意味・ニュアンスで使うことができる言葉と言えます。

モヤモヤする

「モヤモヤする」とは、「何かわだかまりがあって、心が晴れない」という気持ちのときに使用されます。

「やるせない」と同様に、心の状態が良くないときに使用する言葉ですが、「モヤモヤする」は言語表現としてやや具体性を欠いているきらいがあります。

モヤモヤすると言う言葉には「明確には自分の気持ちがどういうものなのかを表現できないが、なんとなく心が晴れない」というニュアンスがあります。

「やるせない」という言葉には「悲しい気持ち」というもう少し具体的な状況が表現されていると言えます。

端的に言えば、「モヤモヤする」という感情の、もう少し輪郭がはっきりした状況(そしてそれがマイナス方向に進んだ状況)が「やるせない」ということになるでしょう。

やり場がない

「やり場が無い」や「やり場のない」という言葉は、気持ちのやりどころがない場面で使用される言葉です。

「誰も責める事ができず、怒りのやり場がない。」といったように、自己の気持ちを消化できない場面で使用されることが多いです。

そのため、「やるせない」とほとんど同じ意味といえます。

Sponsored Links

「やるせない」を使った例文

日常会話の中で「やるせない」という言葉を使う際の例文を紹介しましょう。

すでにみてきたように、やるせないと言う言葉は「自分の力ではどうしようもない出来事が起こって悲しい気持ちだが、その気持ちから抜け出ることができない状況」で使われる言葉です。

↓具体的には、以下のような例文が考えられます。

「やるせない」を使った例文

  1. 「長年付き合った恋人に振られてしまった。私には彼女を傷つけるようなことをした覚えがない。原因がわからずとてもやるせない思いだ。」
  2. 「10万円が入っていた財布を無くして丸三日見つからない。どうすることもできず、やるせない気持ちで過ごしている。」
  3. 「彼女はこんなにも悩んでいるのに、私には何もしてあげることができない。そんな自分にやるせなさを感じる。」

Sponsored Links

まとめ

今回は、「やるせない」という言葉の意味について解説いたしました。

この言葉は、「マイナスの感情を抱いている状況だが、その感情を発散する対象が見つからずに悶々(もんもん)と苦しんでいる」というニュアンスを伝えることができる言葉です。

本文で紹介した例文を参考に、ぜひ日常会話や作文等で使ってみてください。

Sponsored Links

-未分類

Copyright© CoMaMe , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.