社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

アウトプットとアウトカムの意味の違いとは?具体例で簡単に解説

※このページは 3 分で読めます。

アウトプット アウトカム

(アウトプットとアウトカムの意味の違いとは?)

「アウトプットとアウトカムの違いとは何か?」

ひとことで言うと、「アウトプットを形にして、その形にしたものからどれぐらいの収益を得たか?」をわかるようにしたものがアウトカムです。

私たちが情報を整理し、活用するためのステップには、インプット・アウトプット・アウトカムの3段階があります。

↓インプット・アウトプット・アウトカムの関係は、例えば以下のようにまとめることができます。

  1. ビジネス書を読んだ→インプット
  2. その内容をノートにまとめた→アウトプット
  3. ノートにまとめたものをブログの記事にして、アフィリエイト報酬を得られるようにした→アウトカム

外部から新しい情報を得ることがインプットです。これは簡単ですね。

インプットで得た情報を、自分なりの形でまた外部に出すのがアウトプットです。

アウトプットを行うことで、インプットで得た情報を内部化することができますから学習効果が高まります。

最後のアウトカムですが、これは「まとめた情報がもたらす収益の成果を具体的に計測できるようにしたもの」と考えればいいでしょう。

アウトプットとして外部に出した情報から、どれぐらいの利益を得ることができたのか?をわかるようにしたものがアウトカムということになります。

アウトカムとは、直訳すると「成果・結果」といった単語になります。

Sponsored Links

インプット作業・アウトプット作業・アウトカム作業の質を高めるためのポイント

アウトプット アウトカム

(インプット・アウトプット・アウトカムの効率を高めるポイント)

上の3つの作業を行うときの、ポイントや注意点について見ていきましょう。

↓3つの作業の流れとポイントをあらかじめまとめておくと、以下のようになります。

  1. インプット作業 :後でアウトプット作業をしやすいように、内容の分析を行いながら本などを読んでいく
  2. アウトプット作業:「自分だけがわかる情報」でなく「みんながわかる情報」にすることを念頭において作業する
  3. アウトカム作業 :可能な限り客観的な数値で成果の計測を行う

①インプット作業のポイント

インプット作業のポイントは、情報の要約作業をしながら情報を取り込んでいくことです。

要約作業とは、得た情報を抽象化・構造化する作業のことをいいます。

抽象化・構造化とは、余計な情報をそぎ落として、再利用しやすい形にすることです。

情報を再利用しやすい形にしておけば、アウトプットの作業を行うときにスムーズに取り組むことができるようになります。

アウトプットの質を高めるためには、その前の段階のインプット作業の段階で、自分なりに内容の分析を行いながら進めるのがポイントということですね。

これにより、より利用価値が高い形でアウトプット作業をすることができるようになります。

②アウトプット作業のポイント

インプットをアウトプットがしやすいように行ったのと同じように、アウトプットもアウトカムが行いやすい形で行うのが効率的です。

例えば、インプットで得た情報について自分なりにまとめて、最終的にブログ記事にするとしましょう。

次のページへ >




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.