社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

アップルトゥアップルの意味とは?ビジネスでの使い方と語源由来

Sponsored Links

※このページは 2 分で読めます。

アップルトゥアップル(Apple-to-Apple)とは、直訳すると「リンゴとリンゴ」という意味になりますね。

これは「同一条件でAとBを比較する」という意味になります。

亜ップルトゥアップルの意味

「2つ以上のものを、同一の条件で比較する」という意味

アップルトゥアップルは、ビジネス用語としてもよく用いられる言葉です。

例えば、「世界で一番のコーラはどれか?」を考えるとします。

このときに、コカコーラとペプシコーラを候補として持ってきて、味や成分、値段、ブランド力…というように比較することを「アップルトゥアップルの比較をする」という表現の仕方をします。

同様に、iPhoneとAndroid、SoftbankとDocomo、ユニクロの服としまむらの服もアップルトゥアップルの比較と言えます。

↓アップルトゥアップルという言葉については、もう少し掘り下げて以下のようなことも知っておくと良いかもしれません。

もう少し掘り下げた疑問

  • 逆に、アップルトゥアップルといえない比較とはどういうものか?
  • アップルトゥアップルとよく似た「アップルトゥオレンジ」とはどういう意味か?
  • アップルトゥアップルを日常会話で使うときの例文は?

Sponsored Links

「アップルトゥアップルとはいえない比較」とはどういうものか?

アップルトゥアップル

(アップルトゥアップルの意味と使い方)

次のページへ >




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.