社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

哲学の話

スワンプマンとは?思考実験の意味を簡単にわかりやすく解説!

スワンプマン

(スワンプマンの思考実験とは?意味を簡単にわかりやすく解説します)

哲学の有名な思考実験の一つに「スワンプマンの思考実験」があります。

思考実験とは、実際に行う実験ではなく、頭の中で考えるだけの実験という意味です。「もしこんなことがあったとしたら、どうなるだろう?」と考えることをいいます。

スワンプマンの思考実験は、アメリカの哲学者であるドナルド・デイヴィッドソンによって1987年に提案されました。その内容は以下のようなものです。

ある男がハイキングに出かけました。でもその途中で男は運悪く雷に打たれて死んでしまいます。

同時刻に、ある沼(英語でスワンプ)に雷が落ちました。

そこで雷と沼の泥が化学反応を起こし、偶然にも先ほど死んだはずの男とそっくりうりふたつの男(スワンプマン=沼男)が誕生します。

スワンプマンは先ほどの男と見た目だけでなく、思考や脳の状態、それまでの記憶も同じものを持っています。

スワンプマンは、何事もなかったように死んだ男の家に帰り、以後、死んだ男と同じ日常生活を送っていきます。

果たして、死んだ男とスワンプマンは同一人物と言えるでしょうか?

実際には、沼の泥と雷が化学反応を起こして人間ができるなんて不可能ですよね。ましてや、同時刻に死んだ男と同じ人間ができるなんていうことはありえません。

でも、ここが思考実験の楽しいところで、「実際には起こりえない事象を頭の中で検証し、ある概念について正しいか正しくないのか」と考えます。

スワンプマンの思考実験では、人や物の「同一性=アイデンティテイ」について考察します。

スワンプマンが死んだ人間とまったく同じ性質を持っていて、まったく同じ役割を社会で演じているのなら、スワンプマンを死んだ人間と「同じ人間」とみなして良いのでしょうか。

そして、「同じ人間である」というならば、人間のアイデンティティとは一体何なのかという問題が生じます。

Sponsored Links

スワンプマンで同一性やアイデンティティを考える

スワンプマン

(スワンプマンの思考実験は人間や物の同一性=アイデンティティについて考える思考実験です)

それでは、スワンプマンの思考実験から、同一性やアイデンティティの問題について掘り下げて考えてみましょう。

スワンプマンを、死んだ人間と同一人物であることを認めるか?によって、2つの立場が生じます。

死んだ人間とスワンプマンは同一人物とする考え方

まず一つ目は、スワンプマンは死んだ男と同一人物だとする考え方です。

スワンプマンと死んだ男は、姿かたちのみならず思考も知識も全て同じ。同じ遺伝子を持ち、同じ原子からできているのだから、同じ人間として扱っていいじゃないかとします。

このように考えた場合、人間が人生で経験してきたことなどは特に重要でなく、いま現在、社会でになっている役割=その人のアイデンティティという考え方になります。

死んだ人間とスワンプマンは別人物とする考え方

スワンプマンと死んだ男は、別人物とする考え方もあります。

別人物であるとする理由は、まず自我が違うはずというものによります。

自我というものは唯一無二のものであるという考えをすれば、死んだ男に宿っていた自我とスワンプマンに宿っている自我とは全く別物であるということができるでしょう。

すなわち、スワンプマンと死んだ男とは自我が違うため、別人物ということになります。

スワンプマンと死んだ男とが歩んできた歴史に着目して別人物とする考え方もあります。

死んだ男は自分が生まれてから今までに歩んできた歴史がありますが、スワンプマンの歴史は、沼に雷が落ちて偶然にも発生した化学反応からのものです。

この立場では、歩んできた歴史が違うならば、これから歩む歴史も違うはずだろうと考えます。

スワンプマンはこれから死んだ男の身代わりとして未来がありますが、死んだ男には当然、沼で死ぬまでの歴史しかありません。

つまり、二人の歴史は決して交わることはないのです。

歴史が違うから、スワンプマンと死んだ男とは別人物とみなすということです。

Sponsored Links

人間のアイデンティティとは何なのか

「スワンプマンと死んだ男は、同一人物なのか」という問を突き詰めていくと、「では、結局、アイデンティティ(自我同一性)とは一体何なのか」という問に行き着きます。

人は一体何をもって自分のことを唯一の自分であると認識しているのでしょうか?

かなり不思議なスワンプマンの話ですが、スワンプマンについて考えていくと、「自分自身とは一体何?」「自分らしさって一体何?」と、アイデンティティについて深く考えるきっかけになりますね。

スワンプマンとよく似た思考実験

スワンプマンと似たような、同一性やアイデンティティについて考えるきっかけになるような話はいくつかあります。

ここではその一部をご紹介します。

テセウスの船のパラドックス

「テセウスの船のパラドックス」はギリシャ神話の中のエピソードの一つで、スワンプマンと同じように同一性について考えるきっかけを与えてくれる話です。

テセウスの船のパラドックスの意味についてはこちらでくわしく解説しています

以下に概要を記します。

アテナイのテセウスは、クレタ島で怪物を倒し、船でアテナイに凱旋します。

アテナイの人々は、テセウスを英雄とたたえ、テセウスの乗っていた船を保存しようとします。

でも、当時の船は木製。時間の経過とともに船は朽ちていきます。人々はテセウスの船をどうにか保全しようと、朽ちた部材を新しいものに交換します。

最終的にテセウスの船は、元の部材が一つもなくなり、全て新しい部材へと置き換えられました。

果たして、この船は、テセウスの船と言えるのでしょうか?

もとのテセウスの船と、部材交換を行ったテセウスの船は同一のものなのか、という問です。

つまり、テセウスの船も同一性を問う機会を与えてくれるエピソードと言えます。

ドラえもんの「どこでもドア」

「ドラえもん」でおなじみの「どこでもドア」もよく、同一性を問う思考実験の材料として使われます。

どこでもドアは、原子レベルで人をコピーして、はるか離れた出口まで転送し再現する機械です。

どこでもドアで転送された人は、転送される前の人と同一人物なのかという問題が生じます。

「ドラえもん」に登場する「どこでもドア」は、アニメ内では実に平和的に使われていますが、実はドア入り口部分で人間をスキャンしてコピーして一旦破壊(殺す)して出口まで転送して再現するということをしているわけです。

つまり、どこでもドアではスワンプマン同様、一度人が死んでいるということになります。

いったん死んで再合成された人と、死ぬ前の人は同じと言えるのか、という同一性の問題。あなたはどう考えますか?

Sponsored Links

スワンプマンが実在するってホント?SCPの存在とは?

スワンプマンは単なる思考実験の一つですが、どこかオカルトチックな内容でもありますよね。

オカルトという部分に反応してしまう人々も多く、ネット上では「スワンプマンって実在するんですか?」などの質問が飛び交っていることも…。

そして興味深いのは、「SCP財団」という存在です。

SCPは、「Secure=確保」「Contain=収容」「Protect=保護」という英語の頭文字をとって名づけられています。

つまり、確保し、収容し、保護しなければならないという意味。SCP財団のホームページには、まるでスワンプマンのような日本人男性の話が掲載されています。

そしてこのスワンプマンのような日本人男性を保護したと記載しています。

SCP財団のHPに掲載されている内容は意外とリアルなので、現実なのか虚像なのか区別がつかない…と混乱される方も多いよう。

でも、当然ですが、SCP財団は単なるコミュニティサイトであり、実在する団体ではありません。

スワンプマン関連の2次創作物

スワンプマンの話は、様々な2次創作物にも生かされています。最近の作品だと例えば、映画化もされた漫画「亜人」の8巻中に、スワンプマンの話が登場します。

亜人(第8巻)

「断頭」の話をしている二人のうち一人が「スワンプマンで検索しろ」と促します。

ここでは、断頭されると自我がなくなり自分ではなくなる、と定義づけています。

サクラダリセット

また、ライトノベルでアニメ化&映画化もされた「サクラダリセット」でも、スワンプマンが登場します。

「サクラダリセット」は「哲学的な内容で難しい…」という声もありますが、「自分とは一体何?」という自我同一性について深く考えられ、自分自身との向き合い方について学べる小説です。

さらに、スワンプマンをゲームでも楽しみたいという方には「スワンプマンは誰だ?」というma34作のクトゥルフ神話TRPG自作シナリオがおすすめです。




Sponsored Links

-哲学の話

Copyright© CoMaMe , 2019 All Rights Reserved.