社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

哲学の話

スワンプマンとは?思考実験の意味を簡単にわかりやすく解説!

Sponsored Links

※このページは 3 分で読めます。

スワンプマン

(スワンプマンの思考実験とは?意味を簡単にわかりやすく解説します)

哲学の有名な思考実験の一つに「スワンプマンの思考実験」があります。

思考実験とは、実際に行う実験ではなく、頭の中で考えるだけの実験という意味です。「もしこんなことがあったとしたら、どうなるだろう?」と考えることをいいます。

スワンプマンの思考実験は、アメリカの哲学者であるドナルド・デイヴィッドソンによって1987年に提案されました。その内容は以下のようなものです。

ある男がハイキングに出かけました。でもその途中で男は運悪く雷に打たれて死んでしまいます。

同時刻に、ある沼(英語でスワンプ)に雷が落ちました。

そこで雷と沼の泥が化学反応を起こし、偶然にも先ほど死んだはずの男とそっくりうりふたつの男(スワンプマン=沼男)が誕生します。

スワンプマンは先ほどの男と見た目だけでなく、思考や脳の状態、それまでの記憶も同じものを持っています。

スワンプマンは、何事もなかったように死んだ男の家に帰り、以後、死んだ男と同じ日常生活を送っていきます。

果たして、死んだ男とスワンプマンは同一人物と言えるでしょうか?

実際には、沼の泥と雷が化学反応を起こして人間ができるなんて不可能ですよね。ましてや、同時刻に死んだ男と同じ人間ができるなんていうことはありえません。

でも、ここが思考実験の楽しいところで、「実際には起こりえない事象を頭の中で検証し、ある概念について正しいか正しくないのか」と考えます。

スワンプマンの思考実験では、人や物の「同一性=アイデンティテイ」について考察します。

スワンプマンが死んだ人間とまったく同じ性質を持っていて、まったく同じ役割を社会で演じているのなら、スワンプマンを死んだ人間と「同じ人間」とみなして良いのでしょうか。

そして、「同じ人間である」というならば、人間のアイデンティティとは一体何なのかという問題が生じます。

Sponsored Links

スワンプマンで同一性やアイデンティティを考える

スワンプマン

(スワンプマンの思考実験は人間や物の同一性=アイデンティティについて考える思考実験です)

それでは、スワンプマンの思考実験から、同一性やアイデンティティの問題について掘り下げて考えてみましょう。

スワンプマンを、死んだ人間と同一人物であることを認めるか?によって、2つの立場が生じます。

死んだ人間とスワンプマンは同一人物とする考え方

まず一つ目は、スワンプマンは死んだ男と同一人物だとする考え方です。

スワンプマンと死んだ男は、姿かたちのみならず思考も知識も全て同じ。同じ遺伝子を持ち、同じ原子からできているのだから、同じ人間として扱っていいじゃないかとします。

このように考えた場合、人間が人生で経験してきたことなどは特に重要でなく、いま現在、社会でになっている役割=その人のアイデンティティという考え方になります。

死んだ人間とスワンプマンは別人物とする考え方

スワンプマンと死んだ男は、別人物とする考え方もあります。

別人物であるとする理由は、まず自我が違うはずというものによります。

自我というものは唯一無二のものであるという考えをすれば、死んだ男に宿っていた自我とスワンプマンに宿っている自我とは全く別物であるということができるでしょう。

すなわち、スワンプマンと死んだ男とは自我が違うため、別人物ということになります。

次のページへ >




Sponsored Links

-哲学の話

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.