社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

哲学の話

テセウスの船のパラドックスの意味とは?簡単にわかりやすく解説

Sponsored Links

※このページは 3 分で読めます。

テセウスの船

(テセウスとは、ミノタウロスを対峙したという伝説のあるギリシャ神話の英雄です)

テセウスの船のパラドックス」は哲学の思考実験の1つです。

見た目がまったく同じでも、部品が全部入れ替わってしまったら、それはもとのものと同じと言えるのか?ということを考えます。

ギリシャ神話の中に「テセウスの船」というエピソードがあります。

↓そのエピソードは以下のようなものです。

クレタ島の怪物を倒したアテナイのテセウスは船に乗ってアテナイに凱旋しました。

アテナイの人々は、テセウスを英雄とたたえ、テセウスが乗っていた船を保存しますが、船の部材は時間の経過とともにだんだんと朽ちていきます。

そこで人々は古くなった部材を新しいものへと変えて、テセウスの船を保全しました。

ついには、当初使われていた部材は一つもなくなり、全てが新しい部材へと置き換わってしまいました。

さて、全ての部材が新しくなったテセウスの船は、はたして「元の船と同じだ」といえるのでしょうか?

「元の船の部材を使っていないから同じではない」とも言えますし、「テセウスの船として保全されているのだから同じ」とも言えますね。

この問題についてどのように考えるかによって、その人がこの世界や人生についてどのように考えているのかを判断することができます。

Sponsored Links

構造主義で考えた場合の「テセウスの船」

テセウスの船

(テセウスの船のパラドックスとは?哲学の思考実験について簡単にわかりやすく解説します)

例えば、「この船はテセウスの船として保管されているのだから、部品は変わってもその意味するところは同じ」と考えるのであれば、これは構造主義という考え方をとっていることを意味します。

構造主義というのは、簡単にいえば「このもの」「あのもの」というように物体にこだわらず、社会の中でそれがどういう意味をもっているか?で判断する考え方のことです。

テセウスの船は物体としてはもとのものと別物になってしまっていますが、アテナイの人々にとってはそれは「テセウスの船」です。

同じように、「大阪城」は物体としては昭和の時代に改築されたものですが、私たち日本人にとっては「豊臣秀吉が天下をとった時に作った城」ということになっていますよね。

このように、構造主義では「それが何で作られているか?」はとりあえず置いておいて、私たちの社会の中でそれがどのように位置付けられているのか?を重要視して考えるのです。

Sponsored Links

実存主義で考えた場合の「テセウスの船」

一方で、「物体としてのテセウス時代の船はとっくになくなってしまっているのだから、これはテセウスの船ではなく、ただの船だ」と考えるのであれば、実存主義の立場をとっていることになります。

実存主義とは、手に取れる1つ1つの物体、目の前にいる1人の人間を個別的なものとして考える考え方のことです。

実存主義をとなえたのはサルトルという有名な哲学者ですが、この人は「人間といえばこうあるべきだ」ということよりも、「今目の前にいる人間がどういう人かが重要だ」と考えました。

テセウスの船は物体としては昔のものとは別物になっていますから、「テセウスが生きていた時代の船と、今の船とは別物だ」と考えるのが実存主義の立場になります。

Sponsored Links

「テセウスの船」と同様に考えることができるパラドックスの例

以下では、テセウスの船のパラドックスの状態になっている具体例をいくつか考えてみましょう。

次のページへ >




Sponsored Links

-哲学の話

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.