社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

ミームの意味とは?インターネット用語【meme】を簡単に解説

※このページは 2 分で読めます。

ミーム 意味

(ミームの意味とは?具体例で解説します)

「ミーム」とか「インターネットミーム」といった言葉をネット上で聞いたことがある人も多いと思います。

英語では「meme」というふうに表現しますね。

このミームとは、ごく簡単に言えば「SNSなどで流行っている小ネタ」のようなものです。

ちょっと面白い動画とか、画像とかが爆発的にシェアされることってありますよね。

そして、元のネタがアイデアになって、いろんな派生キャラクターが生まれたり、派生ネタが生まれることもあります。

こういったネタや派生ネタなどを指して、ミーム(meme)とか、インターネットミームとかいったように呼ぶわけです。

↓例えば、英語の日常会話では以下のように表現することが多いです。

I saw a funny meme yesterday.

(昨日、面白いミームを見たよ)

英語の日常会話でいう場合は、わざわざ「internet meme」といわなくとも、単に「meme」といっても通じます。

(この記事の後半で解説しているような)ミームの言語学的な定義を問題とする場合を除いて、ほとんどのケースでは「meme」と略してしまって問題ないでしょう。

>>ミームの言語学的な定義はこちら

Sponsored Links

ミームの具体例

ミーム(=インターネットミーム)の意味について説明しましたが、言葉で説明をするとなんだかわかりにくいですね。

しかし、実際の例でみると「あー、そういうことね」とわかっていただけるかと思います。

ミームとは、ものすごく簡単にいえば「ネットで流行っているもの」「バズっているもの」という意味です。

↓例えば、最近のミームの具体例としては以下のようなものがあります。

具体例①:Bowsette(クッパ姫)

次のページへ >




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.