社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

リアリストとはどんな人?現実主義者?意味や特徴を具体的に解説

※このページは 2 分で読めます。

リアリスト

(リアリストとはどんな人?性格や行動の特徴は?)

リアリストとは、日本語でいうと「現実主義者」を指す言葉です。

例えば、確率の低い賭けなどはせず、堅実に過去のデータと現状把握から決断をする人のことをいいます。

リアリストという言葉は、元々は哲学や美術の分野で使われてきた言葉でした。

例えば、哲学でリアリストといった場合にはプラトンのイデア論に起源がある実在主義者のことを指します。美術でリアリストとは写実主義の画家のことです。

ですが、近年ではリアリスト(現実主義者)という言葉は、私たちの普通の生活でも使われる言葉になっています。

以下では、リアリストと言われる人の行動の特徴を見ていきましょう。仕事で上司や同僚がリアリストな傾向がある場合の接し方についても解説意しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

リアリストの特徴5つ

一般的に、リアリストと呼ばれる人の行動や性格には、以下のような特徴があります。

リアリストの特徴

  1. 何よりも結果を重要視する
  2. 計画的にものごとを進めていくのが得意
  3. 人間関係では「好き嫌い」よりも「利益があるか」を優先する
  4. ロマンを解さない?
  5. 悪い面を信じがち

それぞれの特徴について、順番に解説いたします。

Sponsored Links

何よりも結果を重要視する

リアリストにとって何よりも大事なのは、目の前のミッションを成功させることです。

リアリストの反対はロマンチスト(浪漫主義者)なわけですが、リアリストには夢がないわけではありません。

寧ろ誰よりもはっきりと自分の目標を持っていて、そこに辿り着くために妥協しないのがリアリスト。

以下に続く特徴は、そんなリアリストが自分の夢を叶えるためのものだと言っても良いでしょう。

計画的にものごとを進めていくのが得意

リアリストは目標に到達するまでの道のりをできるだけ細かく、きちんと計画します。

次のページへ >




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.