社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

協調性の意味とは?簡単にわかりやすく解説(自己PR例文あり)

※このページは 3 分で読めます。

協調性 意味

(協調性の本当の意味とは?)

  • 協調性の意味とは?協調性のある人は、単なる「いい人」とどう違う?
  • 就活の自己PRで「協調性があるのが長所です」は普通すぎる?
  • 協調性がある人って本当に会社で評価されるの?

日本人は協調性を大事にする民族とよく言われます。

しかし、「具体的にどういう人が協調性のある人なのか?」というと、うーん…となってしまいますよね。

結論から言うと、協調性とは「自分とは意見が違う人たちとも一緒に仲良くやっていける能力」のことをいいます。

協調性の意味とは?

協調性=自分とは意見が違う人とも、協力して仲良くやっていける能力のこと

単純に人の意見に合わせることができるだけの「イエスマン」や「いい人」とはちょっと違う能力であることに注意しておきましょう。

例えば、「協調外交」というものがあります。協調性を持って国と国の外交をしようという考え方のことです。

外交というのは国と国とのつきあいですから、当然ながら利害がぶつかりあうことはあります。

例えば、日本という国と韓国という国がお互いに仲良くしようとしていても、竹島という領土を自分のものにできるのはどちらか一方だけです。

こういった「意見がぶつかり合う状態」にあっても、なんとかケンカ(戦争)にならないように妥協点を見つける姿勢のことを協調外交=協調性を持った外交といいます。

私たちの普通の生活でいえば、意見の合わない人や性格的に嫌いな人ともうまくやっていく能力が、協調性ということになるでしょう。

また、協調性と共感性は意味が違うことも知っておいてください。

↓ごくおざっぱに比較するとこうなります。

協調性と共感性の違い

次のページへ >




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.