社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

歴史の話

女性天皇の歴代一覧!実在した8人10代の女帝たちのエピソード

※このページは 3 分で読めます。

女性天皇 歴代

(歴代の女性天皇一覧とエピソードを紹介します)

令和の時代になり、「女性天皇を認めてもいいのでは?」という話がニュースでもよく聞くようになりましたね。

日本の歴史ではこれまでに8人の女性天皇が存在したことがあります。

そのうち2名の人が「一生涯で2回天皇をやっている」ので、8人で10回の女性天皇即位があったということになります。

↓これまでに存在した女性天皇を歴代別に一覧にすると以下のようになります。

歴代 名前 簡単な経緯
33代 推古天皇 32代崇峻天皇の暗殺をうけ、中継ぎとして即位。
35代 皇極天皇 34代舒明天皇のあと、即位する皇子が決まらなかったため中継ぎで即位。
37代 斉明天皇(皇極天皇と同一人物) 36代孝徳天皇が病没後、政治的な安定をはかるために皇極天皇がもう一度即位。
41代 持統天皇 天武天皇の草壁皇子が早世したので、文武天皇の即位までの中継ぎとして即位
43代 元明天皇 子である42代文武天皇が早世したため即位。
44代 元正天皇 文武天皇の早世をうけ、母である元明天皇の後を継ぐ形で即位。
46代 孝謙天皇 聖武天皇と光明皇后の間に男子が生まれなかったため、母親は君臣の娘だったが即位。
48代 称徳天皇(孝謙天皇と同一人物) 対立していた47代淳仁天皇を廃位したのち、尼のまま孝謙上皇が即位した。
109代 明正天皇 紫衣事件や春日局の無冠参内等で江戸幕府に憤った父の108代後水尾天皇が上皇となるため譲位後即位。
117代 後桜町天皇 116代桃園天皇の遺言と、桃園天皇の皇太子が幼かったという理由で中継ぎとして即位。

この記事では、過去に存在した女性天皇のエピソードや役割について紹介します。

天皇家の歴史や、皇室の今後について考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

歴代女性天皇のエピソードを紹介!

過去の歴史においては、女性天皇は「中継ぎ(なかつぎ)」として即位してきたという経緯があります。

つまり、天皇家に若くて健康な男性の皇族がいないときに、ピンチヒッターとして女性の皇族に天皇になってもらってきたのです。

このように書くと、「男性が主役で、女性が脇役(わきやく)」みたいな感じがしてしまいますが、実際にはそうとも言い切れません。

天皇として即位したきっかけは中継ぎであっても、実際に天皇になった後は自らの意思で積極的な政治を行なった女性天皇は少なくないからです。

次のページへ >




Sponsored Links

-歴史の話

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.