社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

学生生活

学歴ロンダリングの意味とは?失敗もある?メリットとデメリット

Sponsored Links

※このページは 3 分で読めます。

学歴ロンダリング

(学歴ロンダリングの意味とは?メリット・デメリットを解説)

学歴ロンダリングとは、ごく簡単にいえば「出身大学よりも学歴が上の大学院に進学すること」をいいます。

また、「3年次編入を使って、学歴が上の大学へ編入する」というパターンもあります。

↓つまり、学歴ロンダリングには次の2つの意味があります。

学歴ロンダリングの2パターン

  1. 出身大学よりも学歴が上の大学院に進学すること
  2. 3年次編入を使って、学歴が上の大学へ編入する

Sponsored Links

学歴ロンダリングという言葉の由来についてですが、「ロンダリング」とは、「マネーロンダリング」からきています。

マネーロンダリングとは、犯罪で稼いだ資金を、合法的な方法で稼いだ資金に見えるようにするためのテクニックのことですから、決して良い意味ではありませんね。

大学院に進む人は、大学に進む人よりも圧倒的に数が少ないですから、大学院入試は学部入試よりもはるかに難易度が低いのが実際のところです。

学歴ロンダリングは、難関の学部入学試験を突破した人から見たら「裏ワザ」のように感じることもありますから、批判的な意味がこめられる場合もあるのです。

(英語がある程度できて、研究したいテーマがしっかりしていれば、東京大学の大学院などでも入学するのはそれほど難しくありません。少なくとも、東京大学に学部入学するよりはるかに簡単です)

↓学歴ロンダリングを選択する人によくある理由としては、以下のようなものが多いですね。

学歴ロンダリングのよくある目的

次のページへ >




Sponsored Links

-学生生活

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.