社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

言葉の意味

年度末とはいつからいつまで?会社や市役所での意味を具体例で

Sponsored Links

※このページは 2 分で読めます。

年度末を使った例文

「年度末」という言葉を使った例文としては、以下のようなものが考えられます。

  • 「年度末だから、そろそろ次年度に使う文房具を準備しようかな。」
  • 「年度末は会計で忙しくなるから、経理部はバタバタしそうだね。」

年度末という言葉は学校やビジネスシーンで使用されることが多いです。

歳末・年末を使った例文

↓それに対して、「歳末」や「年末」を使った例文としては、以下のようなものが考えられます。

  • 「もうすぐ赤い羽根共同募金の『地域歳末たすけあい』の時期だ。」
  • 「手紙の文章に、歳末の候と書いてある。」
  • 「年末年始で仕事が休みなので、ゆっくり休もう」
  • 「親戚中に、年末の挨拶をしなければならない。」

歳末とは、「その1年の終わり」や「年(とし)の暮れ」を意味します。

具体的にはその年の12月下旬を指しており、下旬というのは「21日以降の10日間」を指すことが多いです。

よって歳末は「12月21日から末日」までの期間と捉えることができますが、使用される企業や人によっては「12月いっぱい」を歳末と表現する場合もあるようです。

たとえば赤い羽根共同募金の「地域歳末たすけあい」は、12月いっぱいを使用して行われています。

そのため1つ目の文では、12月に入ると歳末と表現していることがわかります。

例文の「歳末の候」という言葉は、一般的には12月下旬での使用が適していると言われています。

このように、12月下旬を指して「歳末」と使用されることも多々あります。

年末も、その年(とし)の終わりのことを表しており、歳末と同義で使用することができます。

「年末」は「歳末」に比べると、年始も関連している事柄に対して使用される場合も多いでしょう。

まとめ

今回は、「年度末」という言葉の意味について解説いたしました。

会社や学校など、それぞれの組織によって「1年間」のスケジュールは異なりますから、年度末の時期もそれぞれ違います。

日本の会社は4月1日〜3月31日を「1年間」としていることが多いですから、「3月」が年度末になることが多いでしょう。

一方で、単に「年末」とか「歳末」とかいったときには、シンプルに12月末のことを意味になります。




Sponsored Links

-言葉の意味

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.