社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

「意識高い」と「意識高い系」の違いとは?イタイ人にならないために

Sponsored Links

※このページは 2 分で読めます。

意識高い

(意識高い系と、本当に意識の高い人の違いとは?)

  1. 〇〇先輩って、意識高いよね。
  2. 〇〇先輩って、意識高い系だよね。

この2つのセリフの違いが分かりますか?

文章では「系」という文字が入っているか入っていないかというだけですが、内容はまったく違います。

1.の「〇〇先輩って、意識高いよね。」は、純粋に先輩をほめたたえている意味になります。

2.の「〇〇先輩って、意識高い系だよね。」は、どちらかというと馬鹿にしているニュアンスになります(つまり、イタイ人ということです…)

「意識高い」というのは、その言葉通りの意味です。これはストレートな褒め言葉と考えて構いません。

一方で、「意識高い系」というのは「意識が高い人もどき」「意識が高いふりをしている」という意味になってしまいます。

では、「意識高い」と「意識高い系」の違いとは具体的にどういうところにあるのでしょうか?

それは、大まかに言うと行動力の違いです。

以下では意識高い人と意識高い系の人の具体的な特徴の違いを見ていきましょう。あなたのまわりにもこういう人たちがきっといるはずです。

「本当に意識が高い人」の具体的特徴

意識高い

(意識高い系ではない、本当に意識が高い人の特徴)

「本当に意識が高い」と評価される人の具体的な特徴は以下です。

「意識が高い人」の具体的特徴

  1. 口に出す前に行動している
  2. 人生の目標がある
  3. 自慢話をしない
  4. SNSでリア充アピールをしない
  5. 友人関係には似たような意識高い人
  6. 凜とした雰囲気がある
  7. 収入が高い
  8. 譲れないことがある
  9. ストイック
  10. ルーティーンがある

次のページへ >




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.