社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

早起きのメリットとデメリット:科学的根拠はある?健康に勉強や仕事で成功者になろう!

早起き メリット

  • 早起きを習慣化させたいけど、なかなか継続できない…。
  • 早起きした日はいつも昼過ぎごろにふらふら…。これどうにかならない?
  • 小学生の子供がなかなか起きてこない。「寝る子は育つ」ともいうけど、小さいころから早起き習慣はつけさせた方が良いの?

早起きは慣れている人は簡単ですが、習慣化していない人にとってはとってもつらいものですよね。

しかし、結論からいうと早起きにはものすごくたくさんのメリットがありますので、ぜひ実践していきたい習慣といえます。

実際に、スティーブ・ジョブズ(アップルの創業者)や、バラク・オバマ(アメリカの元大統領)といった成功者たちは「超早起き人間」であることが知られています。

他にも織田信長や豊臣秀吉、モーツァルトといった歴史上の偉人達も、早起きの習慣を持っていました。

この記事では、可能な限り科学的な根拠を示して「早起きのメリット(デメリットも)」を紹介しますので、ぜひあなたも実践してみてくださいね!

[ad#co-1]

早起きにはメリットだらけ

早起きの習慣を持つことには、健康・勉強・仕事に関連して、次のようなメリットがあります。

早起きのメリット


  • ①生活リズムが整うことによる健康へのメリット
  • ②集中力が高まり、勉強や仕事の能率がアップする
  • ③一日のシミュレーションができ、効率よく一日を過ごせる
  • ④自分だけの時間を確保できるようになる

以下では、それぞれのメリットについて科学的な根拠も示しつつ解説いたします。

[ad#co-1]

①生活リズムが整うことによる健康へのメリット

「体内時計」という言葉は聞いたことがありますよね。

早起きを習慣づけることができれば、この体内時計のリズムが整いますから、カラダ中の細胞の働きが安定するというメリットがあります。

具体的には、睡眠ホルモンと呼ばれることもあるメラトニンが夜になると自然に分泌され、朝になると分泌が止まるようになります。

結果的に疲労回復、新陳代謝が促進されますから、病気予防や体の老化防止に影響があるとされているのです。

体内時計が整うまでは体の不調を感じることも

早起き習慣を始めて最初のころは、この体内時計がまだ整っていない状態ですから、お昼ごろになるととても眠くなってしまう人もいるでしょう(頭痛を訴える人もいます)

しかし、そこでしっかりとがまんして早起きを続ければ、しだいに体内時計が早起きの生活に調節されていきますから、こうした症状も出なくなることが多いです。

「体内時計」は人間の脳に実際に存在している

体内時計は想像や思い込みのものではなく実際に存在するものです。

人間の脳の「視交叉上核」という部位にある機関が体内時計の働きをしており、血圧の変動やホルモンの分泌をコントロールを行っているのです。

この体内時計は1930年代に存在が指摘され、1984年には「時計遺伝子」が発見されています(発見者はノーベル賞を受賞しています)

[ad#co-1]

②集中力が高まり、勉強や仕事の能率がアップする

早起きが習慣づけられたら、ぜひその時間を勉強や仕事に活用しましょう。

朝の限られた時間の中で勉強することで、集中が高まり学習効果が上がります。

これは「タイムプレッシャー」を利用した勉強方法として注目されています。

>>脳科学者の茂木健一郎さんも、勉強や学習にタイムプレッシャーを使うことを推奨しています

タイムプレッシャーとは簡単にいえば「時間制限」のことですが、朝の脳が元気な時間にこれを使って活動することで、高い効果を得ることができるのです。

朝は効率よく勉強できる理由

朝起きたばかりの脳は、前日に取り入れた情報が整理された状態になっています。

脳の海馬という部分に保存された記憶は、寝ることで整理され必要のない情報は削除されます。

記憶が整理され不必要な情報が削除されることで、朝は脳に空きスペースができていて新しい情報が入りやすくなっているのです。

[ad#co-1]

③一日のシミュレーションができ、効率よく一日を過ごせる

早起きで朝の時間に余裕ができたら、その時間を使って「一日のシミュレーション」を行うこともおすすめです。

この時間からはこれをやって、次にこれをやって…というように、一日のスケジュールを俯瞰的(ふかんてき)に整理し、効率的な組み合わせを考えましょう。

ビジネスマンに限らず、主婦の方も一日の動きをシミュレーションすることで段取りよく一日を過ごせるようになります。

その日にやらなくてはいけないこと、やりたいことに優先順位をつけて行動できるようになりますので、だらだらと作業した場合と比べて生産性を圧倒的に高めることができますよ。

重要な仕事は脳の活動が活発な午前中に終わらせてしまうのがおすすめです。

脳の働きがややゆるやかになる午後の時間は、人と会ったり、レクリエーションに使うのが良いでしょう。

[ad#co-1]

④自分だけの時間を確保できるようになる

早起きによって確保した朝の時間は、誰にも邪魔されずに使うことができる「あなただけの時間」です。

この時間を活用して、ぜひ「朝活」にもチャレンジしてみてください。

運動したり、読書をしたり、趣味に没頭したり、サークルに参加したりなど、使い方は人それぞれです。

しかし、共通することはこれらが「あなただけの時間」だということです。

濃が活発に働いている朝の時間に、自分の時間を持つことができれば、心にゆとりができて人生を豊かにすることができます。

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.