社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

早起きのメリットとデメリット:科学的根拠はある?健康に勉強や仕事で成功者になろう!

[ad#co-1]

歴史上の成功者にも早起きの人が多い

日本や世界の成功者で早起きして朝活している人はたくさんいます。

歴史上の人物では、次のような人たちの逸話が有名ですね。

歴史上の偉人で有名な早起きな人たち


  • 織田信長:毎朝4時に起きて馬の調練を行っていたといわれます
  • 豊臣秀吉:信長のぞうり取りから出世した彼は、毎朝3時に起きて仕事をしていたといいます
  • 徳川家康:人質の身分から天下人になった人物。朝は6時に起きて活動を開始
  • 加藤清正:熊本城を建てた戦国時代を代表する荒武将。家臣への訓示として「朝は寅の刻(午前4時)には起きて肉体の鍛錬をするように」という言葉を残している

他にも以下のような人たちが早起きだったといわれています。

↓いずれもその時代を代表するような有名な人物ばかりですね。

  • 北条早雲
  • 二宮尊徳(二宮金次郎)
  • 伊達政宗
  • 大隈重信
  • 福沢諭吉

[ad#co-1]

↓海外の偉人にも早起きの人がたくさんいます。

  • ベンジャミン・フランクリン
  • モーツァルト
  • ベートーベン
  • ヘミングウェイ
  • トーマス・エジソン

↓現代にも早起きによって成功したビジネスマン・経営者の人たちがたくさんいます。

ビジネスや経営で成功した早起きの偉人


  • ティム・クック(アップル現CEO:4時半起き)
  • ジェフ・ベゾス(アマゾン創業者:5時起き)
  • アリアナ・ハフィントン(ハフポスト創設者:5時起き)
  • ジャック・ドーシー(ツイッター創設者:5時半起き)
  • マリッサ・メイヤー(ヤフーCEO:6時起きの超ショートスリーパー)
  • リチャード・ブランソン(ヴァージングループ創業者:5時45分起き)
  • ジェフリー・イメルト(GEのCEO:5時半起きで運動とニュースを見る)
  • 村上春樹(作家)
  • 浅田次郎(直木賞作家)
  • 宗次徳二(カレーチェーンCoCo壱番屋創業者)
  • 大前研一(日本でもっとも有名な経営コンサルタント)
  • みのもんた(テレビ司会者として有名だが経営者としても有名)
  • タモリ(朝は3時に起きるそう)
  • 哀川翔
  • ハワード・ショルツ(スターバックスCEO)
  • マーガレットサッチャー(「鉄の女」と呼ばれた元イギリス首相)

ここでは紹介しきれないほどの成功者の方々が早起きをしています。

あなたもビジネスでの成功を目指すなら、ぜひ早起きを実践してみましょう!

[ad#co-1]

小学生でも早起きさせた方が良い?それともぐっすり眠らせるべき?

結論から言うと、小学生も早起きの習慣を持たせるのが良いです。

小学生ももちろん早起きしたほうがメリットはたくさんあります。

家族とのコミュニケーションの時間が増えたり、朝食をしっかりとれるようになることなど良いことづくめ。

しかし小学生の場合重要なのは早起きではなく、睡眠時間です。

文部科学省は望ましい睡眠時間としてアメリカの国立睡眠財団が公表している資料を使用している文献を紹介し、9~11時間の睡眠時間を推奨しています。

>>文部科学省作成資料:「早寝早起き朝ごはんで輝く君の未来」

早起きする為に寝る時間を逆算して、睡眠時間はしっかりとりましょう。

[ad#co-1]

早起きがデメリットになることもある?

早起きをすることによるデメリットとして、次のようなことが主張されることがあります。

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.