社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe

未分類

枕詞とは?現代ビジネスでの意味って?例文で簡単に分かりやすく解説!

更新日:

枕詞とは

  • 上司に「それは先方の枕詞だから」と言われた。枕詞にはビジネス用語としての意味があるの?
  • 枕詞って具体的にはどんなもの?具体例は?
  • 国語の授業で習ったけれど、ピンとこなかった…

枕詞とは、ものすごく簡単にいうと「前置きの言葉」のことです。

古文では和歌の表現技法として使われますが、現代でもビジネスの場で使われることがあるんですよ。

この記事では、枕詞の使い方(現代ビジネスでの使い方と、古文での使い方の両方)について具体例を用いて簡単に分かりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

枕詞とは?現代ビジネスでの意味を簡単にわかりやすく解説!

枕詞は、「相手にストレートに伝えてしまうとなんだかカドが立つので、表現をやわらげたい」というときに使われる言葉です。

具体的には、以下のような「前置きの言葉」が「枕詞」といわれます。

現代もビジネスで使われる「枕詞」の例


  • 大変恐縮なのですが
  • あいにくですが
  • つきましては
  • 申し訳ございませんが
  • 恐れ入りますが

ビジネスではこうした「前置きの言葉」のことを、枕詞と呼んでいます。

もしかしたら、意識していないだけで日常から使っているという方も多いかもしれませんね。

枕詞を意識的に使うようにすれば、「気の使える人」「物腰(ものごし)のやわらかい人」という印象を与えることができますから、ビジネスの場などでは活用してみると良いでしょう。

(ただし、後で見るように使い過ぎには注意が必要です)

Sponsored Links

枕詞の役割は「クッション」

枕詞の役割は、ずばりクッションです。

ストレートな言い回しを避けて、柔らかい表現にします。

たとえば、いきなり「この案はダメです」とだけ言われたら、キツい感じがしますしムッとしてしまいます。

一方「とても言いにくいのですが、この案はダメです」なら、そこまでキツい印象はありません。

この「とても言いにくいのですが」が枕詞です。

日本人はストレートな言い回しを嫌うため、こうしたクッションが必要になるのです。

まさに日本ならではの言葉のマナーといえますね。

Sponsored Links

現代ビジネスにおける枕詞の例文

【相手に何かを請求したいときの例】


  • 「大変恐縮なのですが、資料をお送りくださいますようお願いいたします。」
  • 「つきましては、弊社よりお送りした請求書の確認をお願いします。」

【電話での例】


  • 「あいにくですが、担当者は席を外しており、お電話を代わることができません。」

【メールでの例】


「メールでの連絡で恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。」

【謝罪での例】


「申し訳ございませんが、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。」

以上の文例が、ビジネスでもよく使われる枕詞です。

「大変恐縮なのですが」、「つきましては」、「あいにくですが」、「(メールでのご連絡で)恐れ入りますが」、「申し訳ございませんが」が枕詞です。

無くても言いたいことは伝わりますが、もしこの枕詞がなかったらどう感じるでしょうか。

しかもそれを言う相手が、自分の部下だったり後輩だったりしたら…「上から目線だ」と思うかもしれませんね。

枕詞があることで、目上の人に対して謙虚な姿勢を示すことができるのです。

Sponsored Links

ビジネスで枕詞を使う際の注意点

枕詞は使い過ぎないようにしましょう。

使いすぎると逆に空々しくなって、「本当に申し訳ないと思っているのか?」と思われてしまうからです。

こういった表現は、必要なところだけ使うのが一番効果が発揮されます。

印象を良くするための枕詞なのに、使いすぎて印象が悪くなってしまったら意味がありません。

使う必要はありますが、回数はほどほどが一番です。

Sponsored Links

枕詞とは?古文や短歌での意味

次に、古文や単価での枕詞の意味についてみておきましょう。

古文や単価でいう枕詞とは、言葉を修飾する役割を持った言葉です。

枕って、夜寝る時に頭を乗せるものですよね。

それと同じように、枕詞とは「本題の前(つまり文頭)」に置く言葉なのです。

Sponsored Links

枕詞=「前置きの言葉」と覚えればOK

枕詞をものすごく簡単に説明すると、「前置きの言葉」です。

文の頭に置き、その後ろに本題を並べます。

「頭に置く言葉」だから「枕」詞なのです。

本来は文を修飾する「修辞法」と呼ばれる言葉の一つなのですが、通常は「前置きの言葉」とだけ覚えておけば大丈夫です(文意を理解するうえで支障がありません)

Sponsored Links

元々和歌に使われていたもの

元々枕詞は、昔の和歌によく使われていたものでした。

ほとんどの場合、和歌の枕詞は5字です。

とはいっても、和歌の枕詞は先程説明したクッション言葉とは少し違います。

歌の一番初めに置いて、全体的な調子を整えるものです。

本文と関連する言葉が使われますが、無くても意味が分かるので飾りのようなものです。

Sponsored Links

和歌に使われる枕詞の例文

「あしびきの 山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜を 一人かも寝む」

これは百人一首の一つで、柿本人麻呂という人が作った歌です。

この例文に枕詞があるのですが、どれか分かりますか?

正解は、「あしびきの」ですね。

これは山や峰を表す言葉です。

歌の意味は、「山鳥のしっぽみたいな、長い長い夜を一人で眠るのだろうか」です。

「あしびきの」に対応する訳は出ていませんよね。

山鳥の「山」があるから、それ関連で山の別の言い方をくっつけているのです。

アクセサリーみたいなもので本体ではないですから、枕詞は訳す必要がありません。

現代と古文の枕詞の違い

現代の枕詞は表現を柔らかくするものですが、古文の枕詞は和歌のバランスを整えるものです。

同じ「前置きの言葉」でも、役割も効果も全く違います。

現代の枕詞は古文から生まれた言葉ではありますが、まったく違うものと考えた方が良いでしょう。

Sponsored Links

まとめ

今回は、枕詞(まくらことば)の意味について解説しました。

枕詞は、ダイレクトな表現を嫌う日本特有の言葉で、現代でもビジネスの場でひんぱんに使われています。

「なんだかまどろっこしい」とか「伝えたいことがダイレクトに伝わらない」というデメリットはありますが、マナーとして使えるようになって損はありません。

特にメールの文面などではストレートに用件だけを書くときつい印象になってしまいますから、枕詞を上手に使ってみると良いでしょう。

枕詞は、日本語独特の対人関係を円滑にするための工夫といえますから、ぜひ活用してみてください。

Sponsored Links

-未分類

Copyright© CoMaMe , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.