社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

政治の話

民主主義=多数決の原理?少数意見の尊重は?限界と問題点を解説

民主主義 多数決

(民主主義と多数決の意味の違いは?)

「民主主義とは多数決のこと」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではありません。

↓言葉の意味を整理すると、以下のようになります。

民主主義と多数決の意味の違い

  • 民主主義=王様や君主のためではなく、民衆のことを第一に考えて政治をすること。
  • 多数決=民主主義を実現するための手段の一つ。政治で何か決断をしないといけないときに、意見をつのってもっとも多くの賛成が得られた意見を採用すること。

つまり、多数決とはあくまでも民主主義を実現するための一つの手段に過ぎません。

民主主義が実現できるのであれば、多数決以外の方法で政治をしても構いませんし、過去にそういう例はたくさんあります。

以下、民主主義の本来の意味や、多数決原理の問題点についてくわしく解説していきます。

[ad#co-1]

民主主義とは「民衆を第一に考えた政治」のこと

民主主義 多数決

(民主主義とは「民衆のことを第一に考えて政治をすること」をいいます)

上でも見たように、民主主義とは「王様や君主のためではなく、民衆のことを第一に考えて政治をすること」をいいます。

民衆のことを第一に考えることが重要なので、王様はいてもいなくても構いません。

現に日本には天皇陛下がいてイギリスには女王がいますが、どちらも世界を代表する民主主義の国ですね。

アメリカは大統領制ですが、これは簡単にいえば王様を選挙で選んでいるのと同じです。

「ある国の政治が民主主義である」というために必要なことは「民衆のことを第一に考えて政治が行われていること」だけです。それ以上もそれ以下も必要ありません。

政治プロセスとして多数決原理を採用していない国であっても、政治のあり方として民主主義となっている可能性はあります。

[ad#co-1]

民主主義を実現するための手段は?

民主主義とは「民衆を第一に考えた政治」で、それ以上でも以下でもないというお話をしました。

それでは、民主主義を実際に実現するためにはどうしたらいいでしょうか。

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-政治の話

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.