社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

歴史の話

第二次護憲運動の意味とは?時代背景〜語呂合わせまで簡単に解説

第二次護憲運動とは、「護憲三派」といわれる人たちが、「当時の政府」に対して、「国民の意思にもとづく政治をさせろ」と求めた運動のことです。

第二次護憲運動の意味

  1. 護憲三派」といわれる人たちが、
  2. 当時の政府」に対して、
  3. 国民の意思にもとづく政治をさせろ」と求めた運動のこと

護憲三派というのは憲政会・立憲政友会・革新倶楽部という3つの政党のことです。

↓第二次護憲運動の中心となったのは、憲政会リーダーの加藤高明です。

第二次護憲運動

(第二次護憲運動が成功した結果として総理大臣になった加藤高明)

「国民の意思にもとづく政治をさせろ」というのは、簡単に言えば「選挙で選ばれた人間を総理大臣にしろ」という意味です。

当時の総理大臣は必ずしも選挙で選ばれた人がなるのではなく、政府の中の有力者といわれる人がなるのがむしろ普通だったのです。

こういう人たちは国民の意思を無視しがちでした(このように、政党の意見を聞かない内閣を当時「超然内閣」と呼びました)

今でこそ選挙で勝った政党のリーダーが総理大臣になるのは当たり前になっていますが、このようなルールができたのは第二次護憲運動の成果なのです。

(選挙で衆議院の第一党となった政党のリーダーが総理大臣になることを「憲政の常道」と呼びます。憲政の常道は五・一五事件で犬養毅が軍人に暗殺されるまで続きます)

この第二次護憲運動は、大正時代の1924年におきました。

>>第二次護憲運動(1924年)の語呂合わせでの覚え方はこちら

この頃は大正デモクラシーといわれる時代で、民主主義(デモクラシー)をもりあげていこう!という雰囲気がとても強かった時期です。

第二次護憲運動は、大正デモクラシーが最高潮にもりあがったタイミングで起きた事件だったのです。

以下では、第二次護憲運動が具体的にどういうものだったのか、時代背景やその後の歴史にどのような影響を与えたのかについて、簡単にわかりやすく解説します。

[ad#co-1]

第二次護憲運動とは「国民の意思に基づく政治をやれ」と求めた運動のこと

第二次護憲運動

(第二次護憲運動の意味とは?簡単にわかりやすく解説します)

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-歴史の話

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.