社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

哲学の話

「考えるな感じろ」の本当の意味とは?ブルースリーの哲学的名言

※このページは 2 分で読めます。

考えるな感じろ

(ブルースリーの名言「考えるな感じろ」の本当の意味とは?)

考えるな感じろ」といえばブルースリーの名言ですが、この言葉の「本当の意味」をご存知でしょうか?

この言葉は、とらえ方を誤解してしまうとブルースリーの言いたかったこととはまったく違う意味になってしまいます。

ブルースリーが映画のシーンを通して弟子に伝えたかったのはどんなことなのか?ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

元ネタはブルースリーの映画「燃えよドラゴン」

↑「考えるな感じろ」の元ネタは、ブルースリー主演の「燃えよドラゴン」の1シーンです。

(名言のシーンは1分10秒〜ですが、シーンの緊迫感を感じてほしいのでぜひ最初からみてください)

ブルースリーが弟子の稽古をするシーンで、彼は「emotional(情動)」が必要だと説きます。

そして、ここでいう情動とは「anger(怒り)」とも違うと説明しています。

その後、一瞬ですが「情動」をとらえたキックを入れることができた弟子に対して、ブルースリーは「今、何か感じたか?」と問いかけます。

弟子は「えーっと…」と考え始めてしまいます。

その様子を見たブルースリーは「Don't Think. Feel!(考えるな、感じろ!)」と激しく一喝したのです。

Sponsored Links

「考えるな感じろ」の続き(こっちの方が大切かも)

考えるな感じろ

(「考えるな感じろ」には続きがあります。むしろこっちの方が大切かも)

↓ブルースリーの名言「考えるな感じろ」には続きの言葉があります。

Don't Think. Feel!

It’s like a finger pointing away to the moon.

Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.

次のページへ >




Sponsored Links

-哲学の話

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.