社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

肩書きの意味とは?役職との違いは?結婚式席次表の作り方も解説

  • 肩書きという言葉の意味とは?
  • 肩書きと役職では意味がどう違う?
  • 上司や取引先の人を肩書きで紹介するときのマナーは?

「肩書き」とは、「その人の仕事上の役割を表したことば」のことをいいます。

例えば、「社長」や「専務」というように、名刺に記載される社会的地位や職名が肩書きです。

肩書きと似たような言葉に「役職」というものがありますが、肩書きと役職とで意味に大きな違いはありません。

ただし、その人がどんな仕事をしているのか?を一目でわかるようにしている場合には、「役職」という言葉を使うことが多いでしょう。

例えば、「経理課長」「本店営業部長」「日本橋支店長」といったような場合、「この人の役職は本店営業部長です」というように表現するといった具合です。

「どこで何をしている人なのか」が明確にわかる表現になっている場合には肩書きという言葉よりも、役職という言葉を使うケースが多いということですね。

↓まとめると以下のようになります。

「肩書き」の意味とは?

  • 「肩書き」=「その人の仕事上の役割を表したことば」です。
  • 「役職」は「どこで何をしている人なのか」が明確にわかる表現になっている場合に使う言葉です。

肩書きや役職は、その人の社会的な地位を表すものです。

そのため、言葉の使い方に間違いがあると大変な失礼に当たってしまうことも少なくありません。

↓例えば、以下のように「この人はどういう肩書で紹介すべきか?」で判断に困る場面もあるでしょう。

  • 肩書きに「様」をつけて、「本店営業部長様」というような表現を用いることは正しい?
  • 結婚式の席次表を作る時には、どのような肩書きを表記するべき?

以下では、マナー違反の事態を避けるために、ビジネスシーンやフォーマルな場での「肩書きに関するルール」をくわしく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

肩書きに「様」と敬称をつけるのは正しい?

肩書き 意味

(肩書きの意味とは?「様」をつけるのは間違い?)

結論から言うと、相手の肩書きに「様」をつけるのは正しい表現ではありません。

例えば、「○○専務様」などと表現してしまいそうになりますが、これは正しくありません。

社長・常務・部長などの肩書き自体に敬称としての意味が含まれているからです。

よって、「○○会社○○部 人事部長○○様」という表現が正しいです。

「様」は肩書きに対してつけるのではなく、人の名前の後につけましょう。

これはメールなどの文書上であるか、口頭での表現によるかにかかわらず適用されるルールです。

なお、役職を「お役職」とするのは間違いではありません。

相手の肩書きを確認するような場面では、「〜様のお役職は何になりますでしょうか」といったように表現します。

文章で相手の役職について記載してもらう場合には、「御役職」などの記入欄を使って記載してもらうのが良いでしょう。

Sponsored Links

結婚式の席次表での肩書きの例

結婚式の招待状や席次表でも、肩書きを記載するのが一般的です。

これは、ゲスト同士が交流しやすくなるという意味でも大切な役割を持っています。

以下では、親族や会社の人の肩書きから友人の肩書きまで、一覧にまとめました。

結婚式の席次表や招待状を作る際の参考にしてください。

勤務先の方の肩書きの書き方

  • 新郎会社上司/株式会社トレンド総務部部長
  • 新郎会社同僚/株式会社トレンド人事部(後輩でも同僚と表現するのがベターとされています。)
  • 新婦会社先輩/株式会社トレンド営業部

親族の肩書きの書き方

  • 新郎父/新郎母
  • 新郎兄/新郎妹
  • 新婦義弟/新婦義妹(自分より年齢が上でも、自分の妹や弟の配偶者は義妹・義弟と表現するのが無難です)
  • 新婦従兄/新婦従姉
  • 新婦従弟/新婦従妹(いとこは年上・年下が分かるように表記します)
  • 新郎伯父/新郎伯母
  • 新郎叔父/新郎叔母

友人などの肩書きの書き方

  • 新郎大学友人/新郎中学友人/新郎幼稚園友人(後輩も友人と記載するのが無難です)
  • 新婦大学先輩/新婦高校先輩/新婦専門学校先輩
  • 新郎幼なじみ
  • 新婦御近所
  • 新郎専門学校恩師

パーティーなどのややカジュアルな場面では、ゲストにオリジナルの面白い肩書きを考える方達も増えているようです。

↓席次表では肩書きと共に、以下のような「それぞれの紹介文」を入れる形で書くのがおすすめです。

※ただし、ふざけすぎて失礼なものにならないように注意する必要があります。

  • クラスのマスコットキャラクター的な存在
  • 存在感溢れる偉大な先輩
  • 幼稚園からの腐れ縁の友人
  • お酒大好きな飲み友達

Sponsored Links

名刺などで使われることが多い肩書き一覧

ここでは、名刺などで利用されることが多い肩書き・役職の一覧をご紹介いたします。

宛名の書き方などの参考にしてみてください。

名刺で使われることが多い肩書き

  • 社長:会社の代表。最高権力を持っている、責任者のこと。
  • CEO:Chief Executive Officerの略。経営の最高責任者にあたる人をいいます。
  • COO:Chief Operating Officerの略。最高執行責任者と訳されます。目の前の業務において、執行の責任を請け負っています。
  • 副社長:社長に次ぐ立ち位置の人を指すことが多いです。社長と共に組織のさまざまなことを決定するなど、重要な役割を担っています。
  • 専務・常務:両方とも、社長の補佐的役割を果たします。専務は会社全体を管理することが多いのに対し、常務は業務の日常的なところでの役割を担うことが多いです。
  • 部長:部署の中の最高責任者。部署内の最終決定権を持っていることも多いです。
  • 課長:課での最高責任者。部長よりも現場との関わりが多く、一般社員との接触が多いです。
  • 主任:それぞれの企業により決まりは違いますが、熟練した技術を持っていて、それなりに責任のある仕事を請け負っている人が主任になることが多いでしょう。

まとめ

今回は、肩書きという言葉の意味ついて、具体例を用いて解説いたしました。

まとめると、肩書きとは「その人の仕事上の役割を表したことば」です。

肩書をより具体的な表現にして、「どこで何をしている人なのか」が明確にわかる場合には、肩書きではなく「役職」と呼ぶのが適切であることもあります。

肩書きや役職はその人の社会的な地位やアイデンティティを表すとても大切なものです。

本文で紹介した使い方を参考に、マナー違反にならないように細心の注意を払うようにしましょう。




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2019 All Rights Reserved.