社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

肩書きの意味とは?役職との違いは?結婚式席次表の作り方も解説

※このページは 3 分で読めます。

  • 肩書きという言葉の意味とは?
  • 肩書きと役職では意味がどう違う?
  • 上司や取引先の人を肩書きで紹介するときのマナーは?

「肩書き」とは、「その人の仕事上の役割を表したことば」のことをいいます。

例えば、「社長」や「専務」というように、名刺に記載される社会的地位や職名が肩書きです。

肩書きと似たような言葉に「役職」というものがありますが、肩書きと役職とで意味に大きな違いはありません。

ただし、その人がどんな仕事をしているのか?を一目でわかるようにしている場合には、「役職」という言葉を使うことが多いでしょう。

例えば、「経理課長」「本店営業部長」「日本橋支店長」といったような場合、「この人の役職は本店営業部長です」というように表現するといった具合です。

「どこで何をしている人なのか」が明確にわかる表現になっている場合には肩書きという言葉よりも、役職という言葉を使うケースが多いということですね。

↓まとめると以下のようになります。

「肩書き」の意味とは?

  • 「肩書き」=「その人の仕事上の役割を表したことば」です。
  • 「役職」は「どこで何をしている人なのか」が明確にわかる表現になっている場合に使う言葉です。

肩書きや役職は、その人の社会的な地位を表すものです。

そのため、言葉の使い方に間違いがあると大変な失礼に当たってしまうことも少なくありません。

↓例えば、以下のように「この人はどういう肩書で紹介すべきか?」で判断に困る場面もあるでしょう。

  • 肩書きに「様」をつけて、「本店営業部長様」というような表現を用いることは正しい?
  • 結婚式の席次表を作る時には、どのような肩書きを表記するべき?

以下では、マナー違反の事態を避けるために、ビジネスシーンやフォーマルな場での「肩書きに関するルール」をくわしく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Links

肩書きに「様」と敬称をつけるのは正しい?

肩書き 意味

(肩書きの意味とは?「様」をつけるのは間違い?)

結論から言うと、相手の肩書きに「様」をつけるのは正しい表現ではありません。

例えば、「○○専務様」などと表現してしまいそうになりますが、これは正しくありません。

次のページへ >




Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.