社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

ビジネス

肩書きの意味とは?役職との違いは?結婚式席次表の作り方も解説

  • 社長:会社の代表。最高権力を持っている、責任者のこと。
  • CEO:Chief Executive Officerの略。経営の最高責任者にあたる人をいいます。
  • COO:Chief Operating Officerの略。最高執行責任者と訳されます。目の前の業務において、執行の責任を請け負っています。
  • 副社長:社長に次ぐ立ち位置の人を指すことが多いです。社長と共に組織のさまざまなことを決定するなど、重要な役割を担っています。
  • 専務・常務:両方とも、社長の補佐的役割を果たします。専務は会社全体を管理することが多いのに対し、常務は業務の日常的なところでの役割を担うことが多いです。
  • 部長:部署の中の最高責任者。部署内の最終決定権を持っていることも多いです。
  • 課長:課での最高責任者。部長よりも現場との関わりが多く、一般社員との接触が多いです。
  • 主任:それぞれの企業により決まりは違いますが、熟練した技術を持っていて、それなりに責任のある仕事を請け負っている人が主任になることが多いでしょう。

[/st-mybox]

まとめ

今回は、肩書きという言葉の意味ついて、具体例を用いて解説いたしました。

まとめると、肩書きとは「その人の仕事上の役割を表したことば」です。

肩書をより具体的な表現にして、「どこで何をしている人なのか」が明確にわかる場合には、肩書きではなく「役職」と呼ぶのが適切であることもあります。

肩書きや役職はその人の社会的な地位やアイデンティティを表すとても大切なものです。

本文で紹介した使い方を参考に、マナー違反にならないように細心の注意を払うようにしましょう。

[ad#co-shita]

Sponsored Links



Sponsored Links

-ビジネス

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.