仕事を辞めたい人へ

文系は仕事ない(営業しかない)はウソ!営業以外に転職したい人へ

  • 文系は仕事がない?20代のうちは営業しかないって本当?
  • 営業以外の仕事で働きたい場合はどうしたらいいの?

文系大卒の場合、営業しか仕事ないって本当ですか?

自分はコミュニケーション能力にあんまり自信がないですし、

経理や人事など、営業以外の仕事に興味があるんですが…。

新卒入社の場合、男性はほとんどのケースで営業部に配属されるのが実際のところですね。

大手企業や金融機関の場合には、特にその傾向が強いと思います。

その一方で、第二新卒枠での転職や、中途採用での転職の場合は、

経理や人事、マーケティングといった営業以外の仕事でもたくさん求人が出ていますよ。

大手企業の場合、理系の専門職入社なら別ですが、文系学部出身者は「ほぼ100%営業マン…」というのが実情ではないでしょうか。

しかし、新卒で入った会社で営業に配属された人でも、

第二新卒や中途採用の転職なら、文系でも営業以外の仕事につける可能性は十分あります。

私も新卒で証券会社(金融機関)に入社しましたが、配属されたのは支店勤務の営業職でした。

実際に営業やってみてまったく向いていないのに気づいたのでわずか4ヶ月で退職したのですが、

その後に会計関連の仕事に転職して今もずっとこの仕事をやってます。

文系には仕事がない(営業以外では働けない)なんてことはまったくありませんよ。

ただし、文系出身者が「営業以外の仕事」に転職するためには、いくつかポイントがあります。

この記事では、「現在営業マンとして働いているけれど、営業以外の仕事に転職したい」という文系出身者向けに、

営業以外の仕事に転職するためのポイントを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

文系出身者が「営業以外の仕事」に転職するためには?

文系 仕事ない

(法学部・経済学部・文学部などの出身者が「営業以外の仕事」に転職するには?)

私は法学部出身で、典型的な文系人間です。

営業以外の仕事に転職するためには、

具体的に何をどうしたらいいんでしょうか?

「職種別の採用」を行なっている企業の求人を狙うのがポイントです。

経理部や法務部、人事部や広報部といったように、

「職種を指定して募集されている求人」を狙うようにしましょう。

文系学部出資者が営業以外の職種を狙うなら、企業の「職種別採用」を狙うのがコツになります。

職種別採用というのは、

経理職採用・人事職採用・マーケティング職採用…。

というように、「この職種を募集」というかたちで明確に指定されている求人ですね。

営業職以外の仕事の採用では、

「実務経験がないと採用されないんじゃ…」という不安をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際のところはそんなことはまったくありません。

↓こんな感じで未経験から挑戦できる営業以外の求人はたくさんありますよ。

文系 仕事ない

(未経験OKの総務スタッフ求人)

文系 仕事ない

(未経験OKの法務スタッフ求人)

文系 仕事ない

(未経験OKの人事スタッフ求人)

こうした求人は、リクナビなどの一般的な転職サイトより、

「管理部門の求人を専門で扱う転職サイト」で探すようにするとたくさん見つかります。

↓管理部門専門の転職サイトとしては、MSジャパンが有名ですね。

文系 仕事ない

(MSジャパンは管理部門の求人だけを専門で扱う転職サイトです)

MSジャパンは、経理財務や人事総務など、管理部門(バックオフィス系)の求人を専門で扱う転職サイトです。

未経験者OKの人気求人〜実務経験者向けの高年収求人まで、たくさんの求人がありますよ。

管理部門専門の転職サイトとしては最大手で、運営会社も東証一部上場の大手企業ですから、安心して使うことができます。

\ 営業以外で働きたい人へ!/

MSジャパンで管理部門の求人を見てみる

※非公開求人を見るには無料登録が必要です

営業以外の仕事にはどんなものがある?

文系 仕事ない

(営業以外の仕事ってどんなもの?)

↓文系学部の出身者が営業以外の仕事を狙う場合、以下のような職種が選択肢になります。

  • 経営企画
  • 人事
  • 法務
  • 知財
  • 商品開発
  • 経理
  • 財務
  • 総務
  • IT管理
  • マーケティング
  • 広報(IR)
  • 資材(調達)

これらは「管理部門の仕事=バックオフィス」といわれますね。

簡単に言えば「営業以外の全部」がバックオフィスです。

バックオフィス系の仕事につける人が少ない理由

文系 仕事ない

(バックオフィス=管理部門の仕事は求人数が少ない)

バックオフィス系の仕事を狙う場合に問題となるのが、求人数がそもそもあまり多くないことです。

営業であれば、どこの企業でも人手不足ですから、年がら年中募集されていますよね。

しかし、バックオフィス系の仕事は人気ですし、基本的に欠員補充(退職者が出た場合の補充採用)でしか採用が行われません。

そのため、なかなか求人が見つけられない人が多いんです。

営業で新卒入社した人が、「まず営業→その後にバックオフィスに人事異動」というかたちを狙うことも考えられます。

しかし、この場合は3年〜5年ぐらいは営業として働かないとバックオフィス系の仕事につくことができませんし、

必ずしも希望の職種に人事異動できるとは限りません。

人事への異動願いを出したら経理に異動になったとか、マーケティングになったとかいったことは普通に起こります。

会社に入社した後には、あなたが自分の意思で仕事を選ぶということはまずできません。

そのときどきの会社の人員構成によって所属部署が決められてしまうからです。

なので、営業以外の管理部門の仕事に確実につきたいなら、

やはり「職種別の採用」を行なっている企業を狙って、転職で入社するのが確実です。

職種別の採用では、最初から職種を指定して募集がかけられていますから、

「経理募集なら採用は必ず経理」といったように、志望する職種に必ず配属してもらうことができますよ。

営業は「コミュ力があれば誰でもできる仕事」ではない

文系 仕事ない

(営業は「コミュ力があれば誰でもできる仕事」ではありません)

文系出身者が新卒で入社する場合、基本的にはまず営業に配属されますが、

「営業はコミュ力があれば誰でもできる」というわけでは決してありません。

営業というのは一種の特殊技能といっても過言ではないでしょう。

営業という仕事は「明るくて元気なら誰でにでもできる仕事」ではまったくありません。

営業で必要なコミュ力というのは、単なる「ノリの良さ」ではありません。

↓以下のようなことを「察する力」が必要になります。

営業に必要な能力

  • 相手が本当に欲しているものはなんなのか?
  • 誰が意思決定者なのか?
  • 迷っている相手をクロージングまで持っていくにはどうしたらいいのか?(相手の心理的な購入スイッチはなんなのか)

↑社交的な人が必ずしも優秀な営業マンであるとは限らないのは、

こうした能力のあるなしが影響しているからです。

逆に言えば、営業として成功することができなかった人も、人格的に否定された気分になる必要はありません。

営業は特殊能力ですので、あなたにはたまたまその特殊能力がなかっただけの話です。

営業で能力を活かせなかったのなら、別の仕事を選べばいいだけの話です。

まとめ

今回は、文系学部出身の方向けに、営業以外の職種に転職するためにはどうしたらいいのか?を解説いたしました。

本文でもみたように、文系であっても仕事がないなんてことはまったくありません。

むしろ、新卒で営業の仕事を経験している文系学部出身者は、転職では希望の職種につける可能性が極めて高いと言えるでしょう。

「文系=営業」というのは思い込みです。

ぜひ、視野を広く持って挑戦してみてくださいね。

-仕事を辞めたい人へ

© 2020 第二新卒の転職活動ナビ