社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe

言葉の意味

NPOとNGOの違いとは?実際の団体の具体例で活動内容を比較

npo ngo 違い

(NPOとNGOの違いとは?具体例で簡単にわかりやすく解説します)

NPOとNGOはよく似た言葉ですが、以下のように意味の違いがあります。

NPOとNGOの違い

  • NPO=利益を目的としない組織
  • NGO=政府に属さない組織

NPOが同時にNGOであることもあり得ますし、NGOが同時にNPOであることも考えられることに注意しておきましょう。

政府に属さないで、しかも利益を目的としない組織はたくさんあるからです。

Sponsored Links

ただし、上で見たNPO・NGOは「もっとも広い意味でのNPO・NGO」です。

日常的な会話で「NPO」とか「NGO」とかいった場合には、もう少し限定した意味であるのが普通です。

例えば、NPOといったときにそれが「単に利益を目的としない組織全部のこと」をいっているのか、「NPO法人」のことをいっているかで、意味は大きく異なります。

日本では法律家の事務所に「NPOを作りたいんですが」と相談に来た相談者の人は、NPO法人を作るために相談に来たと考えるのが当然です。

なぜながら、単に「営利を目的としない組織」という意味でNPOを作りたいのであれば、今日いますぐに作ることができますから、わざわざ法律家のところに相談しに行く必要なんてないからです。

(例えば、大学のサークルなどもNPOの一種です。サークルを作るときにわざわざ法律家に相談しにいったりはしませんよね)

また、NGOは上で見たように「政府に属さない組織」のことですから、極端に言えば株式会社のような組織もNGOの一種と言えます。

しかし、日常会話でNGOといった場合には、「国際的な活動をしていて、しかも重要な国際会議に参加しているような組織」のことを意味するのが一般的です。

NPOとかNGOとかいった言葉は、単純に「こういう意味」と説明するのが難しい言葉です。

相手がどういう文脈でこれらの言葉を使っているのか?を知る必要があるのです。

以下ではNPOとNGOのくわしい意味の違いについて見ていきましょう。

Sponsored Links

単なる「NPO」と「NPO法人」の違い

npo ngo 違い

(単なる「NPO」と「NPO法人」の違いとは?)

日本で実際に「NPO」というときには、それは「NPO法人」のことを意味します。

NPOとNPO法人は違うの?と思われるでしょうが、この2つにはかなり大きな違いがあります。

NPOは単に「利益を目的としない組織」ですので、ビジネスを目的とせずに作られた組織であれば、すべてがNPOということになります。

一方で、NPO法人は「利益を目的としない組織で、しかも日本の法律で認可された組織」に限られます。

NPO法人を作るためには、役所に必要書類を持っていって、自分たちの活動が公益的なもので、ちゃんとした組織であることを認めてもらわないといけないのです。

「NPOは簡単に今すぐにでも作ることができるけれど、NPO法人を作るのはかなり大変」というイメージでとらえていただいて問題ありません。

なぜ、NPOを作るのは簡単なのに、NPO法人を作るのは大変な仕組みになったいるのか?というと、NPO法人は税金を取られないからです。

普通の会社(株式会社など)は、活動から利益を得たら、そのうちの3割〜4割ぐらいは税金として持っていかれてしまいます。

一方で、NPO法人は、活動から利益が出た場合には、それはすべて自分たちのものとすることができるのです。

このように、NPO法人は非常に優遇された組織ですので、その設立のためには「この組織は本当に自分たちの利益でなく、公益のために活動をしているのか?」がきびしくチェックされるというわけです。

Sponsored Links

NPOとNGOの厳密な意味での違いとは

まずはNPOとNGOそれぞれの正確な定義についてみておきましょう。

NPOとは、「Nonprofit Organization」の略で、営利を目的とせずに活動している団体のことをいいます。

NGOとは、「Non Governmental Organization」の略で、国際的に活動している団体で、政府以外のものをいいます。

NGOは特に規定がないのですが、国際会議などでオブザーバーとして参加資格を持っている団体を指します。

オブザーバーというのは、会議に参加はするけど、多数決などでの議決権は持っていない人や組織のことです。

NPOとNGOの違いについて、さらに厳密に説明すると以下のような面で違いがあります。

NPOとNGOの厳密な違い

  • 違い1:定義
  • 違い2:手続き
  • 違い3:義務
  • 違い4:税金
  • 違い5:社会的信用

それぞれの違いについて、順番に見ていきましょう、

違い1:定義

まず、NPO法人は「非営利組織」で、NGOは「非政府組織」です。

NPOは「営利を目的としない組織」であるため、対立する概念では「営利組織」つまり、株式会社などの企業になります。

一方、NGOは「政府機関に属さない組織」であるため、対立する概念では「政府組織」つまり、国家や政府ということになります。

NPOとNGO自体が対立するものではなく、主張する概念が違うわけですね。

NPOは営利化非営利かという対比で使われ、NGOは政府か非政府かという対比で使われています。

そのため、NGOでNPO法人を取得していたり、NPO法人がNGOを名乗っていたりと混在します。

違い2:手続き

NPO法人になるには、様々な手続きが必要となります。

一方、NGOは認定・登録制度がないため、手続きは一切不要です。

詳しく見ていきましょう。

NPO法人は民間での社会活動が活発になり、それらを支援する目的で1998年に制定された「特定非営利活動促進法」により誕生しました。

所轄庁に申請し、認定されればNPO法人格を取得することができます。

申請は、政府の指定する20分野の活動範囲であれば、誰もが資本なしで設立することができます。

ただし、その申請手続きや審査は厳しく、申請から認定まで4か月以上かかります。

一方、NGOは日本には特別な認定や登録制度がないため、誰もが任意でNGOになれます。

NGOは「地球規模や国際的な課題に対して活動している団体」というイメージがあると思いますが、そうした活動範囲も規定があるわけではありません。

そのため、非営利で民間の団体であれば今すぐにでも「わたしたちはNGOです」と名乗ることができるのです。

違い3:義務

複雑な手続きにより認定を受け、法人格を取得したNPO法人には、きちんと社会貢献活動を行っているかを一般公開する義務があります。

一方で、NGOにはこのような義務はありません。

NPO法人は、税金の優遇を受けられる組織なので、活動内容が本当に公益的なものなのか?をチェックされます。

具体的には、事業報告書や構成員の名簿などを毎年作成して提出しなければなりません。

また、寄付を受けるなど、その収益状況も透明化しなければならないため、経理や収支報告などもきちんと書類を作成し、公開しなければなりません。

違い4:税金

NPO法人の最大のメリットは税金面での優遇があることです。

税法で定められている収益事業をしない場合は、非課税となり、税金の支払い義務がありません。

もし、収益事業をしている場合でも、減免されるため、一般の企業などよりも節税できる仕組みとなっています。

一方、NGOは扱いとしては普通の任意団体なので、収益をあげていれば課税対象となります。

(この場合は、NGOの構成員となっている人それぞれが、自分の取り分に応じて所得税や住民税を負担することになるでしょう)

そのため、大規模なNGOはNPO法人格も取得して、節税対策をしているところもたくさんあります。

違い5:社会的信用

NPO法人は、所轄庁の認定を受け、様々な義務を果たしていることで、法人として社会的信用を得ることができます。

責任の所在も明確になるためです。

そのため、銀行口座の開設や事務所の賃借、融資や寄付などを受けやすくなります。

しかしNGOは公的な認定がないため、単に「自分たちはNGOである」というだけでは社会的信用はありません。

銀行口座や事務所を借りる時も団体としてではなく、個人が負わなければなりません。

寄付は個人的に受けることができますが、銀行融資などは非常に難しいと言えます。

Sponsored Links

実際のNPO法人の例と活動内容

日本で活躍している有名なNPO法人をご紹介します。

気になる団体があればぜひチェックしてみてくださいね。

実際のNPO法人の具体例

  • フローレンス:病児保育・病後児保育、障碍児保育などを行う保育系NPO法人
  • シビックフォース:災害発生時に即時に被災地に入り、被災者支援活動を直接行う災害支援系NPO法人
  • カタリバ:さまざまな状況に置かれた子どもや若者に学ぶ機会を提供する教育系NPO法人
  • セカンドハーベスト・ジャパン:まだ食べられる廃棄食品を引き取り、必要な人々に届ける活動を行うフードバンクNPO法人
  • 森づくりフォーラム:全国各地の森林ボランティア活動を実践的に行う環境系NPO法人

実際のNGO法人の例と活動内容

国際会議にも参加し、世界各国で大規模な活動をしているNGOをご紹介します。

これらは同時に日本支部でNPO法人格を取得もしています。

有名なNGOの具体例

  • 国境なき医師団:ノーベル平和賞も受賞した国際的緊急医療団体。紛争や災害、貧困、難民キャンプ地などで中立的な医療活動を行う
  • 国際人権NGO アムネスティ(アムネスティインターナショナル):世界中で起こっている囚人や難民などの人権侵害問題に取り組む国際的な人権擁護団体
  • 国際赤十字:戦争や天災時に傷病者救護活動を行う団体。世界各地に存在し国際協力を行っている
  • WWF(世界自然保護基金):人類が自然と調和して生きられる未来を目指し、世界最大規模の自然環境保全活動を行っている団体
  • ユネスコ(国際連合教育科学文化機関:UNESCO):国連の専門機関で、教育、科学、文化の協力と交流を通じて、国際平和と福祉の促進を目的とした団体
  • セーブ・ザ・チルドレン:国連公認の子どものための民間国際援助団体。世界各国の子どもの権利保護を目的として活動している

NPOやNGOとボランティアはどう違う?

誤解されやすいのですが、NPOもNGOも「非営利である」ことと「無償活動」はイコールではありません。

非営利というのは、「構成員に利益を分配しない」ということであって、無償でなければならないわけではありません。

なので、NPOでもNGOでも、提供されるサービスが有料なこともありますし、そこで働く人は収入(報酬)を得る場合もあります。

特にNPO法人であれば、就職先としてきちんと報酬を得て働いている人がたくさんいます。

一方、ボランティアは無償なことが多いです。

あえて「有償ボランティア」として、そう多くはない報酬が出る場合もありますが、一般的には無償性が強いです。

また、ボランティアは基本的に個人の活動ですが、NPOやNGOとなると組織活動である点でも異なります。

まとめ

今回は、NPOとNGOの意味の違いについて解説しました。

↓復習すると、以下のような違いがあります。

  • NPO=利益を目的としない組織
  • NGO=政府に属さない組織

そして、これらはもっとも広い意味での定義ですので、実際の会話で使われる場合にはもう少し限定した意味があるのでした。

つまりNPOは日常会話の文脈では「NPO法人(日本の法律に従って認可を受けないと設立できない組織)」のことを指します。

また、NGOは単に政府に属さない組織であるだけにとどまらず、国際的に活動していて、しかも国際会議などでオブザーバーとして参加している組織のことを指すのが一般的です。

Sponsored Links

-言葉の意味

Copyright© CoMaMe , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.