社会人に役立つ豆知識をこまめに更新中!

CoMaMe




Sponsored Links

言葉の意味

NPOとNGOの違いとは?実際の団体の具体例で活動内容を比較

npo ngo 違い

(NPOとNGOの違いとは?具体例で簡単にわかりやすく解説します)

NPOとNGOはよく似た言葉ですが、以下のように意味の違いがあります。

NPOとNGOの違い

  • NPO=利益を目的としない組織
  • NGO=政府に属さない組織

NPOが同時にNGOであることもあり得ますし、NGOが同時にNPOであることも考えられることに注意しておきましょう。

政府に属さないで、しかも利益を目的としない組織はたくさんあるからです。

[ad#co-1]

ただし、上で見たNPO・NGOは「もっとも広い意味でのNPO・NGO」です。

日常的な会話で「NPO」とか「NGO」とかいった場合には、もう少し限定した意味であるのが普通です。

例えば、NPOといったときにそれが「単に利益を目的としない組織全部のこと」をいっているのか、「NPO法人」のことをいっているかで、意味は大きく異なります。

日本では法律家の事務所に「NPOを作りたいんですが」と相談に来た相談者の人は、NPO法人を作るために相談に来たと考えるのが当然です。

なぜながら、単に「営利を目的としない組織」という意味でNPOを作りたいのであれば、今日いますぐに作ることができますから、わざわざ法律家のところに相談しに行く必要なんてないからです。

(例えば、大学のサークルなどもNPOの一種です。サークルを作るときにわざわざ法律家に相談しにいったりはしませんよね)

また、NGOは上で見たように「政府に属さない組織」のことですから、極端に言えば株式会社のような組織もNGOの一種と言えます。

しかし、日常会話でNGOといった場合には、「国際的な活動をしていて、しかも重要な国際会議に参加しているような組織」のことを意味するのが一般的です。

NPOとかNGOとかいった言葉は、単純に「こういう意味」と説明するのが難しい言葉です。

相手がどういう文脈でこれらの言葉を使っているのか?を知る必要があるのです。

以下ではNPOとNGOのくわしい意味の違いについて見ていきましょう。

[ad#co-1]

単なる「NPO」と「NPO法人」の違い

npo ngo 違い

(単なる「NPO」と「NPO法人」の違いとは?)

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-言葉の意味

Copyright© CoMaMe , 2020 All Rights Reserved.